*

親子遠足のママの服装はどんな格好したらいいの?持ち物やマナーまとめ。


Sponsored Link

子どもにとっては一生に一度の親子遠足。

IMG_0103

保育園や幼稚園では、子どもたちは親子遠足のお約束事を先生から聞いたり、お友だち同士で親子遠足の日について話したり、親子遠足の日がくるまでワクワクで過ごします。ご家庭でも、親子遠足のお話がたくさん出てくるのではないでしょうか。

しかし、そんなお子さんをもつママの悩みとして、親子遠足の服装はどんなものがいいの?という声も。この記事では、そんなママさんの服装と持ち物についてご紹介します。

ドキドキ親子遠足

IMG_9195

子どもたちはワクワクでその日を待ち望んでいる親子遠足ですが、一緒に行くママさんたちはその服装や持ち物について悩みますよね。

あんまりアクティブな服装やカジュアルすぎても浮いてしまうし、オフィスで着るような服では、子どものペースについていくことはできないでしょう。

持ち物も、これはあった方がいい!というようなものがあれば、ぜひ持っていきたいですし、

行った先で困ることがないようにしたいですよね。

親子遠足に着ていく服装は?

d51d9cf33b9ba6090d488065e01196a8_s

親子遠足に行く場所にもよりますが、屋外ではひらひらしたスカートを着ていくよりは、パンツスタイルの方が動きやすいですし、ママと子どもで並んでお弁当を食べる、となったときでも座りやすいですので、オススメです。

Sponsored Link

また、親子遠足は春に行われることが多いですので、半そで一枚で行くよりも、半そでの上に何か羽織るものを着て行った方がいいでしょう。暑くなっても脱ぐことができますし、冷房が効いているところでは、子どもさんにかけてあげたりもできます。

春の遠足では、日差しが強いことが多いです。紫外線対策や日射病予防に、ママも帽子をかぶっていくほうがいいですね。

足元は、屋外ならスニーカーがいいでしょう。きっと走り回ります。親子遠足に行ってはしゃいだ子どもさんを、ママが追いかける…ということや、子どもさんとママで思いっきり遊ぶ、という場面ではスニーカーが一番です。

足の甲がでるフラットタイプのシューズもありますが、行く場所が屋外の場合、足の甲って意外と日に焼け、さらに踏まれると痛いです。行く場所が屋内なら、長時間歩いても疲れない、歩きやすい靴ならフラットシューズでもアリだと思います。

親子遠足の持ち物は?

d07e0a361524de2e5dc7bce2c0467cdb_m

まずカバンですが、両手が空くものがいいでしょう。

例えばリュックや、斜め掛けのショルダーバックなど。子どもさんの替えの服を持っていく場合、かわいいエコバックがあると便利です。

着替えた後の服を急いで入れたりすることも、スマートにできますし、リュックの空きスペースがあれば、リュックにそのままつっこんでおくこともできます。

せっかくなので、カメラも持参しましょう。子どもさんがお友だちと元気に遊んでいる姿や、きれいな景色など、きっと記念に残しておきたい風景がたくさんありますよ。

家に帰ってから、家族で写真を見ながら一家団欒も親子遠足の醍醐味ですし、子どもの大切な思い出となり、心の栄養になりますね。

持ち物に余裕があれば、お弁当の他に、配りやすいお菓子を用意するのもいいかもしれません。お弁当の後のお菓子タイムに、他の子どもさんにあげることができますし、もしもらった時にお返しがあった方が、楽しく過ごせますよね。

これはNG!

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

あきらかなブランド服で来る紫外線が気になるから、と日傘をさしてくるなどは控えた方がいいでしょう。あきらかなブランド服で身を固めたママがいたら、他のママさんたちもびっくりします。

自分の子どもが一緒に遊んで、服を汚してしまったら…と思うと、ちょっと近寄りがたいなと思ってしまうでしょう。

また、日傘は荷物になりますし、何かの拍子に子どもにぶつかると思いもよらない事故やケガにもつながります。

他のお友だちもたくさん来ている親子遠足なので、そういったことは避けたいですよね。

楽しい思い出にするために

fe1e36a96b6773ba53c79b8f86b05da5_s

普段は仕事をしていて、オフィスカジュアルなら得意だけど…、というママもたくさんいらっしゃると思います。そうすると服装も迷ってしまいますよね。親子遠足では子どもさんと服をお揃いにしてみたりして、カジュアルなおしゃれを楽しむこともできます。

また、他のママさんたちとは普段あまりかかわりがない、なんてこともあるでしょう。せっかくの親子遠足ですし、これを機会に交流の輪を広げてみるのもいいでしょう。

ママと行く親子遠足、子どもさんもとても楽しみにしていることでしょう。ママも一緒になって親子遠足を楽しむことが、子どもにとってもママにとっても楽しい思い出にする秘訣だと思います。

楽しんできてくださいね!^_^

Sponsored Link



, , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害のチェックリスト。2歳と3歳の子供の特徴や行動は

小さなお子様が居る方は「発達障害」という言葉は聞いた事はありますよね。でも、実際には「病気なの?」「障害なの?」「なに?」と疑問だらけでしょうね。

幼稚園を嫌がる子供にすべき対処法はこれ!原因はこれだった。

こんにちは(^^)/ 幼稚園は、入園する子供にとって初めて親と離れて過ごす場所であり、初めての集団生活となることがほとんどです。 春になると可愛らしい

発達障害とは?アスペルガーとの違いはこれ。原因と症状は?

発達障害の中に注意欠如・多動性障害(ADHD)があります。それに症状が似ているアスペルガー症候群。症状が似ているので、見分けるのが難しいとされています

生後2ヶ月で指しゃぶりの理由は愛情不足?激しいと手荒れも

赤ちゃんは、生後2ヶ月頃になると起きている時間も長くなり、その分見せてくれる動作も多くなりますよね。この時期に始まる動作として代表的なのが「指しゃぶり

生後2ヶ月の咳、風邪。症状と対策は?予防接種はしていい?

表情が豊かになり、起きている時間も長くなる生後2ヶ月の赤ちゃん。お出かけや、人ごみに行く機会も増える時期なので、心配事も増えてくる時期なのではないでし

生後2ヶ月頃の遊び方。時間やおすすめの遊び場は?

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは、体重が増え、身体がしっかりとしてきて、あやすと微笑む表情も見せてくれるようになりますよね。新生児の頃より起きている時間も長く

妊婦の夏の過ごし方。服装は?腹巻きは必要?暑さ対策まとめ。

近年の日本の夏は、ものすごく暑いですよね。妊娠中の夏は特に暑く感じるものですし、乗り切るのは大変です。あまりの暑さに、どのようなことに気をつけて過ごし

溶連菌の症状。潜伏期間はどのくらい?対策や予防法は?

溶連菌感染症って・・・ 溶連菌とは、正式には『溶血性連鎖球菌』と呼ばれる細菌で、一般的にはA群β溶血性連鎖球菌による感染症のことを言います。溶連菌がヒ

学校に行きたくない。高校生編。考えておくべきことはこれ!

今思えばあの頃が一番楽しかった高校生活。でも当時は、学校に行きたくないなと思うことがよくありました。学校をサボって友達と遊びに行っては、生徒指導の先生

さつまいもで作る離乳食!簡単に誰でも作れるやり方冷凍もできちゃう!

■さつまいもの下ごしらえ 離乳食、赤ちゃんにはいろいろなものを食べてもらいたいと思いますよね。今回はさつまいもを使った簡単な離乳食のレシピや調理方法を