*

遠足のリュックの大きさ!小学生スタートの時ってどのくらいがベスト?

      2016/08/17


Sponsored Link

もうすぐ遠足!

小学生のお子さんは始めていく遠足に緊張と期待で胸を膨らませていることでしょう。でも遠足に行く時のリュックって、どのくらいの大きさのものがいいの?持ち物はどんなものを持たせればいいの?

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s

この記事では、そんな遠足でのリュックの大きさや持ち物について、ご紹介していきます。

Sponsored Link

準備するものは?

b94b34fe41770a94c30870f04901d5f5_s

遠足の持ち物を学校で詳しくお知らせしてくれるところもあれば、家庭にまかせるところもあります。

学校で知らせてくれるものは大体こんな感じです

 

・遠足のしおり

・お弁当

・水筒

・おしぼり

・おやつ

・レジャーシート

・絆創膏

・ビニール袋

・ハンカチ・ティッシュ    などなど。

 

他には、雨具や酔い止めの薬などもあると便利かもしれません。雨具は、傘よりもカッパの方が荷物にならず両手も使えて便利です。その場合、リュックも一緒にかぶせられるようなカッパなら、

普段でもランドセルを背負っている上から使うことができます。雨が降りそうな遠足の場合には両方いるかもしれません。

車移動の多い遠足ですが、車酔いしやすい子どもさんの場合は、酔い止めの他に何枚かエチケット袋もあるといいですね。日差しが強いであろう日には、帽子も必要です。日射病、熱中症予防、日焼け防止になります。

 

また、持ち物にはすべて名前を書いておきましょう。普段使っているものにはもう書いてあると思いますが、遠足に持っていくお弁当箱の蓋など、意外と似たようなものが多いですし、遠足後に自分のものがなくなった場合だけでなく、他のお友だちのものを間違えて持ってきてしまった!ということも防ぐことができます。

持ち物はすべて入れてあげるよりも、子どもさんと一緒にリュックに入れましょう。ここにはこれが入っている!と、わかっていた方が子どもさんも遠足中に必要なものを取り出しやすいです。一緒に遠足の準備をし、ワクワクを分かち合いましょう。

 

大きさはどれくらい?

71c182dcf5746d7bbd40996fae505a1f_s

ここまで準備されて、今のお手持ちのリュックにはどれくらい余裕があるでしょうか。それともぎゅうぎゅう詰めでしょうか。あんまり中の荷物がぎゅうぎゅう詰めだと、子どもさんが当日使いにくいので、大きさは少し大きめがいいでしょう。

Sponsored Link

 

また、子どもの成長は早いので、長く使うといっても3~4年が限度ではないでしょうか。今の子どもさんの身長や体つきに合うもので、大きさは若干大きめくらいのものを、子どもさんと一緒に買いに行きましょう。

重さも、高学年なら重いものでもある程度は背負って歩けますが、低学年ですと、軽いものの方が動きやすいと思います。小学校の高学年になったらリュックは買い替えるくらいの気持ちで選びましょう。

きっとまた、校外学習やら林間学校やらがあり、違う大きさのリュックが必要になります。

 

まとめ

 

7128123fed51d72d1de3cf4c9b51e18a_s

子どもにとって遠足は楽しみな行事のひとつです。遠足の前日、なかなか眠れなかったり、リュックに物を入れたり出したり、準備することそのものが楽しかったり、お菓子を買いに行くのが楽しみでしかたなかったり、誰にでもそんな思い出があるのではないでしょうか。

一緒に行くことはできませんが、一緒に準備したり、帰ってきた後のお土産話を聞いたりして、ワクワクを共有しちゃいましょう!

子どもさんにとって、楽しい遠足になりますように!

Sponsored Link
Sponsored Link



, , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした