*

コサージュの付け方!位置や向き、マナーは?綺麗に見えるこつは?


Sponsored Link

7637242930_d7bdb9edef_b

結婚式などでスーツやドレスだけでは少し華やかさが足りない気がして結婚式、卒業式や入学式にはコサージュをつける人も多いでしょう。

いざコサージュをつけようと思うと気になることがいくつかあります。

  • コサージュってどこにつければいいの?
  • コサージュってどんな場所につけてもいいの?
  • コサージュの色は何色でもいいの?

などちょっと気にしだすと疑問が湧いてきます。そこで今日はコサージュの付け方や位置、結婚式、卒業式や入学式でのマナーについて紹介します。もちろん綺麗に見える付け方もご紹介しますね。

基本編!きちんとしたコサージュの付け方・こつ

洋服によって向きがずれてしっかりと安定しない事があります。そうならないために、コサージュの付け方の基本とコツをご紹介します!

できるだけピンと洋服の隙間を少なくするとコサージュと服との摩擦が大きくなり、コサージュがずれにくくなります。なので、ピンを差し込むときには多めに生地をとって付けましょう。お花の向きを少し上に向けると綺麗に見えるのがポイントです。

これでもまだコサージュがぐらつくな。。。と思った方はコサージュの裏にフェルトなどの厚めの生地を当ててピンで一緒に停めてみてください。これで安定感がアップします!更にスーツやドレスの生地が引っ張られて負担がかかりにくくなり、生地が痛むのを防いでくれる一石二鳥の方法です♪

コサージュを付ける正しい位置・向きは?

コサージュ位置男性左胸

コサージュの正しい位置

コサージュは左胸のところにつけるのが基本です。左右どちらの胸でもマナー的にはOKですが、左胸についていたほうが右胸についているより相手から見た時に綺麗に見えます。

Sponsored Link

コサージュの正しい向き

お花のコサージュは茎が付いている場合は茎が下になるようにつけます。茎がついていないお花だけのコサージュはどちらを向いていてもマナー的に問題ありません。鏡を見ながら一番きれいに見える向きを調整しましょう!

婚式でのコサージュの付け方・マナー

親族として結婚式に呼ばれた場合

結婚式で親族として結婚式に参加する際にはあまり派手なコサージュは使わないようにしましょう。結婚式の場における主役はあなたではなく、花嫁さんと花婿さんです。あくまでも新郎新婦のお膳立てであるということを忘れず、綺麗に飾りつつも目立ち過ぎない服装を心がけましょう。

結婚式などのお祝いごとでコサージュをつけるのは「お慶び申し上げます」という意味があります。そのため、結婚式でコサージュをワンポイントとして使うことは良いことです。ドレスが黒や紺などの暗い色になってしまう時はコサージュで華やかに着飾りましょう!

結婚式で気をつけたいのはウェディングドレスの色のやお葬式などで使う喪(も)のイメージがあるのコサージュは使わないようにしましょう。どうしても白いコサージュを使いたい場合はパールネックレスなどを使ってアクセントをつけるといいですね。

コサージュを付ける場所は基本どこでも大丈夫なのですが、結婚式の時はそうともいきません。つけてはいけない場所が2つあります。それは、髪飾取り首元です。

髪飾りとして親族がつけるのはマナー違反になるので絶対にやめましょう。また、首飾りも花嫁さんが首飾りにコサージュを付ける場合があるので被ってしまうと後でものすごい気まずい雰囲気になります。結婚式では左胸にコサージュを付けるのがベターですね。

友人として結婚式に招かれた場合

次に友人として結婚式に招かれたときのコサージュについてです。親族のように髪や首元につけてはいけないということはありませんが、花嫁と被ってしまいがちなのであまりお薦めはできません。

しかし、マナー的にNGというわけではないので、花嫁さんが当日どのようなドレスとアクセサリで登場されるかを事前に確認されていると安心ですね。

綺麗に見える!コサージュの付け方のポイント

2552472

コサージュは結婚式だけでなく、卒業式や入学式などにも使いたいですよね。その時に結婚式のように決まりがあるのかというとこちらは特にこれといったマナーはありません。

髪飾りでも、首元でも胸元でもOKです。しかし、主役でないいじょう、あまり目立ちすぎるのもどうかと思うので派手すぎる格好は控えましょう。

花だけの場合

実際に付けるときはやはり左胸にコサージュをつけるとスタルがよく見えて、マナー的な問題もありません。胸にコサージュを付ける時のポイントは左胸よりやや高めで、鎖骨のあたりに花がかかるようにつけます。襟がある服なら襟の部分につけると丁度いいでしょう。

こうすることで全体のバランスが良く美しく見えます。最後は鏡を見ながら一番しっくり来る位置と向きを調節してください。胸のあたりにコサージュを付けることで顔を明るく見せてくれる働きがあり見る人に好感を与えてくれます。

茎がある花の場合

茎があるコサージュをつける場合も花だけの場合と同じように左胸につけるのが一番美しく見えます。そこで、茎の位置や向きをどうすればいいのか?という疑問が湧いてきますよね。

こちらは前章でご紹介したように茎は下、花を上にするのが正しい付け方です。茎が長い時は少し折り曲げ、体の外側に向くように斜めにすると美しく見えます。

まとめ

結婚式でのコサージュについて注意するところ

付ける場所
  • 髪飾り
  • 首元
  • 胸元の大きな花など
避けたい色

コサージュで華やかに見せる付け方のコツは左の胸元鎖骨のあたりに花がかかるようにつけて、茎があるときは茎をにむけて体の外側を向くようにゆるくカーブさせましょう。

Sponsored Link



, , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

卒業式でコサージュ使いたい!正しい色、位置、向き。マナーまとめ

もうすぐ卒業式、スーツを買ってバッグも用意して、、あとは小物にコサージュを用意しよう!っと思っていたら 「卒業式にコサージュはマナー違反じゃないの?」

手作りコサージュの作り方。はぎれと布で誰でも簡単に作る方法。

入学式や卒業式、結婚式などで大活躍してくれるワンポイントアイテム【コサージュ】。コサージュをつけるだけで服装がぱっと華やかになりますよね!でも、買うと