*

2017年の京都の桜の名所、花見の開花予想!ライトアップ、穴場も!

      2017/02/10


Sponsored Link

こんにちは(^^)/今年のお花見はどこに行くか決まりましたか?京都には本当にたくさんの桜の名所があります。今回の記事はこんな人にオススメです!

Sponsored Link
  • お花見に行くことは決まっているけどまだ場所が決まっていない人
  • お花に行きたい時期だけ決まっていて、場所が決まっていない人
  • 夜桜鑑賞をしたい人
  • 穴場スポットでゆっくりとデートを楽しみたい人
  • 人混みを避けてゆっくりと桜の鑑賞をしたい人

上記に当てはまる人は必読の内容です!それでは京都のさくら名所まとめからどうぞお楽しみください(^^)/

京都の桜の名所まとめ

京都桜名所

どこでも楽しめる京都の桜の名所ですが、今回は桜の名所を開花時期ごとに分けてみました。これであなたのスケージュルに合わせて、その時期どこならお花見が楽しめるかが一目瞭然!

見頃・開花予想時期ごとにまとめてみました!

【3月下旬~4月上旬】
  • 祇園白川
  • 水火天満宮
  • 平等院
  • 妙蓮寺
  • 高台寺
  • 醍醐寺
  • 大石神社
【4月上旬】
  • 本隆寺
  • 立本寺
  • 原谷苑
  • 渉成園
  • 宗忠神社
  • 千本釈迦堂
  • 哲学の道
  • 岡崎疏水
  • 南禅寺
  • 知恩院
  • 円山公園
  • 墨染寺
  • 東寺
  • 勧修寺
  • 清水寺
【4月上旬~中旬】
  • 妙満寺
  • 上賀茂神社
  • 上品蓮台寺
  • 隨心院
  • 山科疏水
  • 毘沙門堂
  • 仁和寺
  • 勝持寺
  • 正法寺
【4月中旬】
  • 三千院
  • 常照皇寺
  • 常照寺
  • 半木の道
【4月上旬~下旬】
  • 鞍馬寺
  • 鞍馬寺

同じ京都でも場所によって色々と咲く時期が別れるのですね。一言に京都と言ってもいろんな気候があって桜の開花時期を左右していることが分かります。

また、桜なので当然ですが、4月下旬まで咲いている桜の名所は少ないですね。むしろ4月下旬でも関西で桜が見られるということが衝撃ですね!次は夜桜が見れる桜のライトアップ情報をお伝えします!

京都の花見ライトアップスポットまとめ

京都桜ライトアップ

桜といえば団子!でも、忘れちゃいけないのが夜桜です!昼の桜も美しいですが、夜は昼間とは違った桜の姿を見せてくれます。京都でライトアップされるお花見スポットがどこなのか気になりますよね?そんなお花見スポットをまとめたのがこちらです。

  • 京都府立動物園
  • 平安神宮
  • 京都府立植物園
  • 京都府立植物園(桜の園)
  • 京都府立植物園(青流園)
  • 円山公園
  • 清水寺
  • 高台寺
  • 譲渡週 総本山 知恩院
  • 木屋町通
  • 福知山城
  • 京都府・緑化センター
  • 共楽公園
  • 吉田の枝垂れ桜
  • 宇治市植物公園
  • 山城総合運動公園
  • 傘松公園
  • 和らぎの道(七谷川沿い)
  • 向日神社の桜
  • 長岡天満宮八条ヶ池の桜
  • 玉川の桜

今回はじめて数えてみたのですが、京都でライトアップされる桜の名所はなんと21箇所もあるんですね!これだけたくさんあれば1年や2年ですべての場所でお花見できません!

 

Sponsored Link

 

京都から少し離れたところに住んでいる人は今年はここ、来年はここと決めて順番に京都のお花見ライトアップ巡りをするのも桜の一つの楽しみ方かもしれませんね(^^)/

穴場はどこ??

京都桜名所

お花見になるとどこも人が一杯でなかなかゆっくりできる場所が無いですよね。できることならデートには人が少ないところでゆっくりと二人の時間を過ごしたいですよね。ということで、ここでは少し人が少なめな京都のお花見穴場スポットをご紹介します!全部で3箇所紹介しますね。

神泉苑(しんせんえん)で楽しむ京都の穴場桜めぐり

京都神泉苑桜穴場スポット

神泉苑は洛中、二条城の近くにあります。美しい庭園が広がり、もともと平安京の大内裏に建築された天皇のための庭園です!歴史の教科書に出てくるような天皇が昔はここで過ごしていたのかと思うと時代の流れと現代に繋がる何か神秘的なものを感じます。

  • 拝観時間:8時半~20時 ※ライトアップ期間中は夜間の延長あり
  • ライトアップ:あり
  • 住所:京都市中京区御池通神泉苑町東入る門前町166

常照皇寺(じょうしょうこうじ)で見る日本の珍しい桜

常照皇寺京都穴場桜スポット

常照皇寺は京都の中心からちょっと外れたところにあるのがポイントです。車で1時間半位かかる場所で、京北に位置します。やや不便なため人が少ないということもありゆっくりと桜を楽しむことができます。

しかし、その桜はとても美しく、天皇縁のお寺で「八重桜」ならぬ「九重桜」や「左近の桜」、「御車返しの桜」など他では見られない桜を鑑賞できます。

「ソメイヨシノはもう見飽きた!もっと違う桜が見たい!」という桜に目が肥えてしまった方におすすめの京都の穴場お花見スポットです。

  • 拝観時間:9時~16時
  • 拝観料金:(志納)300〜500円
  • 住所:京都市右京区京北井戸町丸山14-6

木屋町通り(きやまち)でデートにオススメ!京都の桜穴場スポット

木屋町通桜穴場スポット

木屋町の高瀬川沿いにはソメイヨシノが植えられており美しいゆっくりと桜を楽しむことができます。群生している桜を楽しむのもいいですが、こうして桜並木をゆったりと歩くのも気持ちいいですね。桜は群生しているのが綺麗という人も老木1本の風情を楽しむ人も様々ですね。

京都には色々な桜の楽しみ方がありますから是非マイベストを見つけて下さい。逆に凄く混雑するスポット清水寺平安神宮などがあります。こちらのブログで混雑しない時間帯やアクセス方法などをご紹介しているのでぜひぜひご覧ください。

まとめ

京都桜花見名所

京都には本当に色んな桜の名所があります。3月下旬から4月下旬まで場所を変えればなんと1ヶ月も桜を楽しめる!それが京都です!そして、夜桜もバッチリ!なんと21箇所も夜桜を鑑賞できるところがありました!

都道府県別夜桜名所ランキングみたいなのがあっても面白いかなと思いました。それから、穴場スポットは少し普段では聞き慣れない場所の「神泉苑」「常照皇寺」「木屋町」です。

京都に住んでいる人はお馴染みの場所かもしれませんが、他府県の人からすると「どこそれ(-_-;)?」となる場所ばかりです。京都には様々な桜が植えられているので、楽しみ方も色々ですね。ぜひぜひ色々見て回ってみてください。

Sponsored Link
Sponsored Link



, , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2017年嵐山の桜の見頃は?アクセスやライトアップの情報は?

こんにちは!(^^)/古都京都。趣きのある景色が国内外問わず人気です。そんな京都の桜の隠れた名所の嵐山!「え?嵐山っていえば紅葉じゃない?」っと思う方

2017年大阪城公園の桜の見頃はいつ?アクセスと駐車場状況は?

こんにちは(^^)/関西屈指のお花見スポット、大阪城公園!大阪城公園の桜は関西人気のお花見ランキングで堂々の第一位!みんなが行きたいっと思っているお花

2017年平安神宮の桜の見頃は?アクセス、ライトアップ情報は?

春、古都京都は桜に菜の花にと春の訪れを知らせる花々でいっぱいになります。京都の街並みにはやっぱり桜が似合います。そんな京都の桜、どこに見に行けばいいの

2017年平野神社の桜の見頃は?ライトアップやコンサート情報も。

京都の春の桜のイメージといえば満開の桜があって、神社があって、お茶屋さんがあって…というイメージが多いのではないでしょうか?そんな京都のイメージにぴっ

2017年原谷苑の桜の見頃と開花予想は?アクセス、駐車場情報。

春の京都、桜が綺麗そうだから行ってみたいけど混雑しているからちょっと・・・。っと疎遠しがちですよね。でも、今回はそんなあなたに京都の桜の穴場スポットを

2017年清水寺の桜見頃は?ライトアップ、混雑状況はいつ頃?

「京都」といえば何を思い浮かべますか?古い建物や歴史的なものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今日は歴史的な建物の中でも特に清水寺の桜にスポ

2017年海津大崎の桜の見頃とアクセスは?クルーズで楽しもう!

こんにちは(^^)/「海津大崎にはどうしてあんなにたくさんの桜並木があるかご存じですか?」ご存じない方のために今日は100年も遡らない昔話をしましょう

2017年奈良公園の桜の見頃は?アクセス、ライトアップ情報は?

こんにちは(^^)/奈良といえば古いお寺や鹿がのイメージがありますが、お花見のスポットとしても有名ですよね。奈良公園のにはソメイヨシノ、八重桜、枝垂れ

2017年円山公園の桜見頃は?ライトアップ、渋滞回避情報は?

京都の観光名所でもあり京都の定番のお花見スポットでもある、祇園にある円山公園。円山公園は回遊式日本庭園を中心に、いたるところに料亭や茶店がある、京都市

2017年の醍醐寺の桜の見頃は?アクセスとランチ情報まとめ

こんにちは(^^)/天下統一をした豊臣秀吉。秀吉は天下統一したその後、歴史にも残る様々な建造物を立てたりしました。そんな豊臣秀吉が残したものの一つ、自