*

紫外線で目が日焼け?影響を防ぐためにサングラス、目薬を!


Sponsored Link

この季節になってくるとだんだん日焼けが気になってきますよね?

春夏ビーチ日焼け

そして、日焼けは真夏の8月ももちろんですが、5月ごろから陽の光が強くなるので暑くなくてもしっかりと日焼けをしてしまいます。
今日はそんな日焼けを防ぐための意外な方法をご紹介します!一般的に知られているのは直射日光が肌に当たるとその部分が日焼けする。とうのがみなさんの認識だと思います。しかし、今日ご紹介する「目」の日焼けはまだ、あまり知られていない事実です。

実は人は目からも日焼けをし、シミの原因にもなるのです。今日はそのメカニズムと一緒に予防になるサングラスや目薬の効果などもご紹介します。

紫外線が与える目への影響は?

紫外線目日焼け

紫外線が目に与える影響は実に様々でざっと上げるだけで下記のようなものがあります。

  • 異物感がある
  • 目があけられない
  • 目が乾燥する
  • 目が充血する
  • まぶしい
  • 涙が止まらない

海に行くと目が真っ赤に充血して、辺りがやけに眩しかったり、目が痛い、涙が止まらないなどの症状を経験されたことがある人は多いのではないでしょうか?

この他にも病名を挙げると下記のようなものがあります。

  • 白内障
  • 翼状片(よくじょうへん)
  • 瞼裂斑(けんれつはん)

白内障とは?

目の前が白くなり視界が白く、すりガラスを通したような見え方になる病気です。年齢とともに白内障は進みますが、その進行速度が紫外線によって早まります。

翼状片(よくじょうへん)とは?

目頭のところから白目部分が黒目部分に入り込んでくる病気です。言葉だけではわかりづらいので下記の画像をご参照ください。ちょっとオーバーですが、こんな感じになります。
紫外線病気翼状片
出典:http://www.nichigan.or.jp/

瞼裂斑(けんれつはん)とは?

結膜が盛り上がり黄色や赤色になる病気です。進行すると翼状片に発展するため放置していい場合とそうでない場合があります。

紫外線による目の日焼け

目の日焼け紫外線

紫外線を目に受けると様々な病気に繋がることが分かりました。しかし、ここからが本題です。紫外線を目に受けると日焼けをしてしまう理由をご説明しましょう。

目には紫外線を感じる神経があり、紫外線を受けると脳に伝達されます。脳からは紫外線からカラダを守るためにメラニン色素をつくるように命令が出されます。

メラニン色素は肌が黒く見える原因ですのでこれがカラダの中で作られると日焼けをしたのと同じ状態になります。お肌の日焼け対策はしているけど、目の日焼け対策をしていなかったという方は今日から是非目の日焼け対策も始めてください!

肌に全く太陽光が当たっていなくても目に紫外線が当たると日焼けをします!今までの常識ではそんなことほんとうにあるの!?と疑ってしまいたくなります。しかし、これが最近の研究で明らかになった事実なので美白を守るためには目の日焼け対策は必須です!

Sponsored Link

目から入った紫外線もシミになる?

紫外線女性シミ

さてさて、目から入った紫外線が日焼けの原因になることが分かりました。しかし、この紫外線の影響は日焼けにとどまリません。紫外線を浴びて作られたメラニン色素がお肌の表面に付着し、肌が新陳代謝で入れ替わらないとシミに変わります!

まさか、目から入った紫外線がシミの原因になるまでなるんなんて「目からウロコ」ならぬ、「目からシミ!」です。目の紫外線対策はしっかりとしないといけませんね!

サングラス、目薬が効果的な対策!

目の紫外線対策に有効なアイテムは2つあります。

サングラスは目の紫外線対策に有効!

サングラスには紫外線を99%以上カットするUV400という規格があります。このサングラスをつけていれば目からの日焼けの心配はほぼ0%!今まで目の紫外線対策を全く意識されていなかった人もこれ一つで解決!

こちらにサングラスを使った紫外線対策の情報をまとめてあるので、ぜひぜひご参考にしてください。

紫外線サングラス、メガネの選び方。効果は?オススメは?

目薬を使って紫外線でダメージを受けた目を回復!

目薬を使った紫外線対策は事後的なものでダメージを受けた目を回復させるための手助けをします。既にダメージを受けた後での対処なので、できるだけサングラスを使って目を日焼けから守りましょう。その後で、どうしても日焼けをしてしまった際には目薬を使って少しも目を回復させてあげてください。

紫外線対策用の目薬はたくさんありますが、グッドライフマガジンのオススメナンバーワン商品はこちら!

何がいいかというと他の目薬と違って血管収縮剤が入っていないのです!

血管収縮剤ってなに?

血管収縮剤の説明をする前にまずは目の充血がどうして起こるのかその原因についてご説明します。目が充血する原因は酸素不足が原因です。長時間酷使をしたり、睡眠不足になると目に酸素が行き渡りづらくなります。その為、酸素をできるだけたくさん運ぼうと血管が広がり大量の血液と一緒に酸素を送ります。

この時、血管が太くなるため普段は見えない目の毛細血管が広がり目が赤く充血して見えます。これが目が赤くなる原因です。

そして、血管収縮剤はこの太く広がった血管を細くするための薬品です。血管収縮剤を使うと確かに目の充血は引くのですが、酸欠で酸素を送ろうとしている血液の働きを邪魔することになります。結果的に視力が低下したり、目が痛くなったりと充血は引くのですが、目にとっても悪影響を及ぼします。
そんな本末転倒なことをしないためには血管収縮剤が入っていないノアールUVがオススメです!

ノアールUV 15ml

ノアールUV 15ml
価格:482円(税込、送料別)

まとめ

紫外線対策サングラス女性

目の紫外線対策としてのサングラスと、目薬についてはいかがでしたか?今回ご紹介した内容を簡単にポイントを整理しておきましょう。

  • 目に紫外線が入ると充血・痛み・異物感・涙がでるなどの症状が現れます。
  • 目に紫外線を浴びると白内障・翼状片(よくじょうへん)・瞼裂斑(けんれつはん)などさまざまな病気の原因になります。
  • 目に紫外線が入ると日焼けをします。
  • 目に紫外線が入るとシミの原因にもなります。
  • 血管収縮剤は目に悪影響目薬を選ぶときに確認!

こうして見てみるだけでも目の紫外線対策は本当に大切なことが分かります。今まで目の紫外線対策を全く意識していなかった人もこれからは、目の紫外線対策を意識するようになるはずです。しっかりと対策とケアをして美しいお肌を維持しましょう!

Sponsored Link



, , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日焼け止めの選び方と使い方、期間は? PAとSPFの目安は?

「みなさんは、日焼け止めの正しい選び方・使い方はご存知ですか???」そう聞かれると、「う~ん・・・・・。」ですよね?? 「市販の日焼け止めだったらなん

紫外線の赤ちゃんへの影響は?対策は?日焼け止めは使う??

初めて暖かい季節を赤ちゃんと迎える場合、ホッとする反面心配事も増えるものです。汗っかきの赤ちゃんのお世話や、虫除け、靴下は履かせていいものかなど暖かい

紫外線量の月別、時間帯まとめ。天候はどのように影響する?

美肌の天敵、紫外線!紫外線はシミ・シワ・そばかすなど様々な肌トラブルの原因と言われています。 なので紫外線対策は必須!でも、いつ紫外線対策をしておけば

日焼けのシミを消すには?原因は何? レーザー治療はどうなの?

日焼けによるお肌のトラブルはたくさんありますよね・・・・。その中でも「シミ」のトラブルが1番多いように思えます。私も、最近シミが出てきてかなり悩んでい

紫外線アレルギーの症状と原因。診断と検査方法はこちら。

暖かくなると、紫外線が気になりますね。最近は日焼けやシミなどの原因だけでなく、この紫外線が原因で起きてしまうアレルギーもあるのです。 近年その症状に悩

紫外線(UVカット)マスク。効果はあるの?選び方は??

紫外線対策には日焼け止めクリームはもちろんのこと、帽子に、長袖シャツや長ズボンなどとできるだけ肌を露出しないのが一番の対策ですよね。 でも…、一番気に

偏光サングラスの原理と効果。選び方。オススメのブランドは?

レジャー好きならご存知かもしれませんがサングラスにも様々な種類があるって知ってましたか? 今回特集するのは偏光(へんこう)サングラス!マリンスポーツや

紫外線吸収剤とは何?成分は肌にいい?紫外線散乱剤との違い

暖かい季節になると、気になるのが紫外線。紫外線はお肌にも健康にも良くないものなので、なるべく防ぎたいものですよね。この紫外線を防ぐために日常的に日焼け

紫外線対策の服装。日焼けを防ぐ帽子とは? 食べ物や飲み物は?

紫外線は女の敵ですよね?しみが1つ増えるとかなり気持ちが落ち込みますし、「また増えたら・・・・・」と恐怖もあります・・・・・。 日本人の女性は美白意識

紫外線が髪や頭皮に与える影響。 UVケア、対策、予防策は?

紫外線と聞くと「恐怖しかない!」という人も多いと思います。紫外線は目には見えません。紫外線が強いのは、夏だけだと思っていましたが365日毎日紫外線が降