*

紫外線アレルギーの症状と原因。診断と検査方法はこちら。


Sponsored Link

-shared-img-thumb-OOK785_yoituburete_TP_V

暖かくなると、紫外線が気になりますね。最近は日焼けやシミなどの原因だけでなく、この紫外線が原因で起きてしまうアレルギーもあるのです。

近年その症状に悩まされる人が増えている紫外線アレルギー。実は誰でもある日突然発症してしまう可能性があるのです。紫外線アレルギーとは一体何なのか、気になる症状や原因、検査方法などをまとめてご紹介します。

紫外線アレルギーとは?

-shared-img-thumb-N695_klumototaiyounohizasi_TP_V

まず始めに、紫外線アレルギーとは一体何なのかということを説明します。紫外線アレルギーとは、日光過敏症、日光アレルギー、日光性皮膚炎とも言われています。

その名の通り、お日様の光や紫外線が原因で引き起こるアレルギー反応のことです。アレルギーのある方は、アレルギーでない方が浴びても問題のない量の紫外線でも皮膚に異常反応が起きてしまうのです。

紫外線の強い春から夏にかけては特に注意が必要で、症状を防ぐためには肌を紫外線から保護する必要があります。

紫外線アレルギーの症状は?

77c0eca91797c2bd9514c45a97e102dd_s

紫外線アレルギーの症状ですが、多くの方は日光に当たった部分のみに現れる皮膚の症状で済むことがほとんどです。しかし目や全身に渡る辛い症状に及んでしまうこともあります。

怖いですね。挙げられる症状は以下の通りです。

皮膚に現れる症状

  • 赤みが出る(発赤)
  • 発疹が出る(じんましん、みずぶくれなど)
  • 腫れる
  • かぶれる
  • かゆみを感じる

目に現れる症状

  • 充血する
  • 涙がでる
  • 異物感、不快感

全身症状

  • 頭痛
  • 発熱
  • 吐き気
  • 倦怠感

 

Sponsored Link

 

症状が出てしまった場合は、直ぐに日の当たらない涼しい場所に行き、汗をぬぐい身体を休めるようにしましょう。正しい対処ができるように皮膚科へ受診されることも大切です。

原因は何がある?

-shared-img-thumb-CRI_IMG_6004_TP_V

辛い症状の伴う紫外線アレルギーの原因ですが、大きく分けて内因性と外因性のものに分類することができます。それぞれの原因をご紹介しますね。

内因性による原因

紫外線を浴びてから、もともと自らが持つ紫外線に対する抗体量を超えることでアレルギーを発症します。抗体量は人それぞれ違います。代謝障害や遺伝子などの異常が関係している場合もあります。

外因性による原因

使用した薬や日焼け止めの成分などが原因となり、紫外線アレルギーを引き起こす場合です。これは、原因となるものが紫外線を吸収することで光毒性を持ったためです。

紫外線を浴びてしまう場合には、事前の行動にも注意をする必要があると言えますね。

診断と検査方法はこちら。費用は??

-shared-img-thumb-E146_cyoushinki_TP_V

もしも日光を浴びた後にご紹介したような症状が見られた場合、なるべく皮膚科を受診しましょう。症状を説明し、検査を受けることで即紫外線アレルギーかどうかを判断してもらえます。

症状が軽い場合は、非ステロイド系の塗り薬等が処方され、思い場合はステロイド系の塗り薬により治療を行うことが一般的です。

塗り薬による治療はその場しのぎのものになりますので、抗アレルギー薬による治療を勧められる場合もあります。

紫外線アレルギーの検査方法ですが、光線過敏症テストを受けるのが一般的です。一度検査を受けてみるといいですね。費用は4~5千円程度です。気になる場合は、事前に病院へ確認をとっておくといいです。

私も高校三年生の夏に、寝不足の状態で一日お神輿を担いだ際に日光を浴びた部分に蕁麻疹と強い痒みが出てしまったことがありました。

病院へ行き、当時は原因不明のアレルギー症状という診断で帰されましたが最近病院で検査を受けたところ軽い紫外線アレルギーということが判明しました。

それ以来、疲れた状態で紫外線を浴びると蕁麻疹とかゆみが出てしまうので外出時は日焼け止めを必ず塗るようにしています。→「紫外線吸収剤とは何?成分は肌にいい?紫外線散乱剤との違い

紫外線アレルギーの予防は何と言っても紫外線を浴びないこと!まだ発症していない方は、早めの紫外線対策で一生紫外線アレルギーが発症しないように気をつけてくださいね(^^)

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

紫外線の赤ちゃんへの影響は?対策は?日焼け止めは使う??

初めて暖かい季節を赤ちゃんと迎える場合、ホッとする反面心配事も増えるものです。汗っかきの赤ちゃんのお世話や、虫除け、靴下は履かせていいものかなど暖かい

紫外線サングラス、メガネの選び方。効果は?オススメは?

肌への紫外線は当然ですが、目に紫外線が入ると、日焼けの原因になるって知っていましたか? また、目の老化や白内障などの病気のリスクが高くなるとして、外出

紫外線対策になるビタミンCの効果は? 間違った使い方は?

”紫外線対策=ビタミンC”というイメージが強いのは私だけでしょうか??みなさんもこんなイメージあるのではないでしょうか? 「とりあえずビタミンC摂取し

紫外線が髪や頭皮に与える影響。 UVケア、対策、予防策は?

紫外線と聞くと「恐怖しかない!」という人も多いと思います。紫外線は目には見えません。紫外線が強いのは、夏だけだと思っていましたが365日毎日紫外線が降

日焼け止めの効果的な塗り方と量は? 化粧をした後に大丈夫?

お肌に気を使っている人は、毎日塗っている日焼け止め!!私も20代後半になってから、お肌に危機を感じて塗り始めました・・・・・(^_^;) でも最近こん

日焼け止めで下地代わりになる?下地効果のあるオススメは?

今年も日焼けが気になるこの季節がやってきましたね!紫外線は美肌の敵!と以前の特集でわかったのですが、紫外線対策していますか? お化粧をしていると日焼け

紫外線(UVカット)マスク。効果はあるの?選び方は??

紫外線対策には日焼け止めクリームはもちろんのこと、帽子に、長袖シャツや長ズボンなどとできるだけ肌を露出しないのが一番の対策ですよね。 でも…、一番気に

紫外線で目が日焼け?影響を防ぐためにサングラス、目薬を!

この季節になってくるとだんだん日焼けが気になってきますよね? そして、日焼けは真夏の8月ももちろんですが、5月ごろから陽の光が強くなるので暑くなくても

サングラスの選び方。女性のオススメ。人気ブランドはこちら。

夏のオシャレアイテムであるサングラス。近年注目されている目の日焼けにもかなり予防効果をもたらしてくれます! UVカット機能のあるサングラスの着用で、目

ビタミンDの効果と効能!不足した時の症状は?取り方は?

紫外線の気になる季節、もしかして紫外線を避けすぎていませんか?紫外線は肌へダメージを与え、シミやシワなどの気になるトラブルや皮膚がんなどの怖い病気の原