*

日焼けで唇が腫れた。ヘルペスや水ぶくれかも。 ケアと対処法。


Sponsored Link

a3767b73f58caf3f9723532295b362f6_s

日焼する部分と聞けば、どんなところが思い浮かびますか??顔?腕?髪?デコルテ?1番多いのは、「顔!」と答える人が多いのではないでしょうか?→「日焼け止めの効果的な塗り方と量は? 化粧をした後に大丈夫?

では、みなさんは唇の日焼けのケアはしていますか??「唇のことは頭になかった・・・・・」って感じではないでしょうか?私もそうです(-_-;)今回は「唇」のケアなどについて書いていきたいと思います!

唇が日焼けしていた時の症状は?

cigarette-923192_640

  • 唇の皮が剥けている
  • 唇がカサカサしている
  • 唇が腫れてヒリヒリしている
  • 唇に水ぶくれができている

なんて症状はありませんか???上記の症状は日焼けが原因かもしれませんよ・・・・・。唇は、皮膚がとても薄く、メラニンも少ないために、紫外線によるダメージがとても受けやすい場所なんです。

乾ききった唇は、バリア機能が全くない状態なので、紫外線のダメージをもろに受けてしまいます。

水ぶくれになったら?対処法は?

mouths-690957_640

日焼けをして、水ぶくれになってしまった場合は、火傷と同じレベルなので病院(皮膚科)を受診しましょう!!軽度の場合は、以下の手順でケアをしましょう!!

Sponsored Link

 

冷やす

冷やすときは、流水をあてるか、氷水で冷やしたタオルをあてましょう。日焼けをしている唇は、炎症を起こしている状態なのでまずは、しっかり冷やして炎症を抑えましょう!

保湿

30分くらい冷やしたら、オリーブオイルなどを唇に塗って、油分で保湿しましょう。バリア機能が回復します。

ビタミンC摂取

唇はダメージを受けやすいですが、回復が早い部位でもあります。コラーゲンを生成するビタミンCを摂取することで、唇の組織を早く回復することができます。

口唇ヘルペスになるかもしれない。

lips-839236_640

口唇ヘルペスは、紫外線の浴びすぎも原因とされています。1度感染すると、ウイルスが体内にずっと潜伏して、免疫力の低下で再発の恐れがあります。

例えば、かぜで熱が出てしまった、睡眠不足、疲れやストレスがたまった、けがをしてしまったなどのとき、体力や免疫力が低下したときに症状が出やすくなります。

単純ヘルペスのなかで最も多いのが口唇ヘルペスで、なんと日本人の10人に1人がかかっているそうです・・・・・。

症状は出ていなくてもウイルスに感染している人はさらに多いと言われていて、20代~30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータもあるんだそうですよ。恐ろしや~(@_@;)

単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると免疫ができたあともずっと体内に潜んでいて、何らかのきっかけで再発するのが特徴なんです。このように、何回も再発を繰り返すのでかなり厄介者なんです。

強い紫外線を浴びることで皮膚の免疫力が、低下してウイルスが活発になってしまいます。そのせいで、紫外線が口唇ヘルペス再発のきっかけになるんだそうです。これは、意外に知られていないので、これを機に覚えておいてください。

日焼けした唇のケア方法は?

lip-balm-1117571_640

上記の、水ぶくれになったときのケアと同じようにケアしてみてください。それ以外にご紹介したいのが、「唇パック」です!!塗って保湿でもいいのですが、時間があるときや、よりしっかり保湿したいときはぜひやってみてください!

【用意するもの】
  • サランラップ
  • オリーブオイルやワセリンなどのオイル
【やり方】
オイルを塗った唇にラップをのせるだけです。5分~10分おいたらはがして、再度オイルを塗ります。

これで終わりです。簡単でしょう?ぜひ試してくださいね☆

余談ですが・・・・・日焼けをしたからと言って、皮をはぐのはやめましょう!

無理やり剥ぐことで、再生の準備をしていた皮膚が十分に育っていないままむき出しになってしまうため治りが遅くなります。この行為は日焼けに関わらず禁止ですので、ご注意を!!

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

紫外線吸収剤とは何?成分は肌にいい?紫外線散乱剤との違い

暖かい季節になると、気になるのが紫外線。紫外線はお肌にも健康にも良くないものなので、なるべく防ぎたいものですよね。この紫外線を防ぐために日常的に日焼け

赤ちゃんの日焼け止めのオススメランキング。いつから必要?

赤ちゃんを病院に連れて行ったり、外でお散歩したりなんだかんだ外出する機会って多いですよね。 そういう時に気になるのが紫外線!紫外線は特に若い頃に受けた

紫外線サングラス、メガネの選び方。効果は?オススメは?

肌への紫外線は当然ですが、目に紫外線が入ると、日焼けの原因になるって知っていましたか? また、目の老化や白内障などの病気のリスクが高くなるとして、外出

紫外線で目が日焼け?影響を防ぐためにサングラス、目薬を!

この季節になってくるとだんだん日焼けが気になってきますよね? そして、日焼けは真夏の8月ももちろんですが、5月ごろから陽の光が強くなるので暑くなくても

日焼け止めの選び方と使い方、期間は? PAとSPFの目安は?

「みなさんは、日焼け止めの正しい選び方・使い方はご存知ですか???」そう聞かれると、「う~ん・・・・・。」ですよね?? 「市販の日焼け止めだったらなん

日焼けによる湿疹やかゆみの症状と原因は?対処法、薬は?

ここ数年、「オゾン層破壊」による紫外線の問題をTVのニュースや雑誌で見たり聞いたりしたことはありませんか? ご存じの方もいると思いますが、紫外線を浴び

日焼け止めのSPFとPAって?選び方は?SPF50の効果は?

暖かくなると、同時に日差しが気になる季節に突入しますね。女性の皆さんは特に、冬に使っていた日焼け止めから春・夏用に切り替えを考え始める時期ではないでし

ビタミンDの効果と効能!不足した時の症状は?取り方は?

紫外線の気になる季節、もしかして紫外線を避けすぎていませんか?紫外線は肌へダメージを与え、シミやシワなどの気になるトラブルや皮膚がんなどの怖い病気の原

日焼け、紫外線の効果と効能。ビタミンDを取って健康的に!

暖かくなると、日差しが気になり始めますね。女性の方は特に紫外線は完全にブロックしないと!と意気込んでいませんか?実は適度な日光浴は健康にとても良い効果

日傘の折りたたみのおすすめは?人気ブランド、選び方は?

いよいよやってきました紫外線が気になるシーズン!暑い日差しとは別に春先のポカポカした日差しにも紫外線はたっぷりと含まれていて真夏以上の紫外線が降り注い