*

キャベツの効果と効能!美容美肌に実はいい! 効果的な食べ方は?


Sponsored Link

-shared-img-thumb-HIRA92_kyabetu_TP_V

スーパーやショッピングセンターの野菜コーナーに、必ずといっていいほど並んでいる「キャベツ」!!!

みなさんの、食べることが多い野菜の1つだと思います。「キャベツ」と聞くと、個人的にですがイメージは「葉っぱ」です(^_^;)

ただカロリーが低いイメージはありますが、栄養はちゃんとあるんでしょうか??今回は、キャベツの栄養や効果などをご紹介していきたいと思います。

キャベツの栄養、成分は?

green-cabbage-1107536_640

上記でも言いましたが、私個人的なイメージは「葉っぱ」ですが、栄養はあるのでしょうか?そこで、調べたらかなりの栄養素があることが判明しました!!!キャベツの栄養・成分についてご紹介しますね☆

【キャベツの栄養素】
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • ビタミンK
  • ビタミンU
  • 食物繊維
  • βカロチン
  • カリウム
  • 葉酸
  • イソチオシアネート化合物 など

あのキャベツにこんなに栄養があったとは・・・・・(@_@;)恐るべしキャベツ・・・・・。

キャベツの効果と効能!

white-cabbage-432608_640

上記で、キャベツの栄養に驚いたと思います!!では、どんな効果があるのでしょうか?ご説明していきますね。

ビタミンC

疲労回復や、抗ストレス効果が期待されます。もちろん、アンチエイジングにも効果があります。

カルシウム

「カルシウム=牛乳」のイメージがありましたが、キャベツにも含まれているんです!骨粗しょう症の予防に、イライラを鎮めてくれる効果もありますよ。

ビタミンK

骨の健康を保つ働きがあります。カルシウムと合わせて摂れるのでさらにいいと思います。

ビタミンU

別名「キャベジン」とも呼ばれていて、ビタミンUはキャベツから発見されたんですよ!効果は、胃酸の分泌を抑えて胃腸の粘膜を正常にします。傷ついた粘膜を治す効果もあります。

Sponsored Link

 

食物繊維

便秘解消効果が期待されます。

βカロチン

美肌効果や粘膜を正常に保つ効果、がんを予防する効果があります。

カリウム

利尿作用で、むくみ解消の効果が期待できます。

葉酸

赤血球の形成や貧血予防に効果があります。

イソチオシアネート化合物

発がん物質の活性化を抑制する効果が期待されています。

こんなにも、すごい効果があるなんて知りませんでした。

美容美肌に実はいい!

-shared-img-thumb-OO85_skincare1209_TP_V

キャベツの成分をご紹介しましたが、成分をよく見てみれば美容に良さそうな成分がたくさん!!!アンチエイジングに効果があるんです。

私たち大人の1日分のビタミンC目標摂取量は、50mgとされています。そんなビタミンCですが、キャベツで手軽に摂取できます。

キャベツ100g中にビタミンCが、なんと44mgも入っているんですね~。キャベツの外側の葉っぱ1枚で、約1日分のビタミンCを補うことができちゃうんです☆すごいですね(*^。^*)

上記でキャベツの効能に書いたビタミンCの効果以外にも、メラニンの生成を抑制する働きや、コラーゲンを作ってくれる優秀ビタミンなんです。

また、抗酸化作用もあるので、まさにアンチエイジングにぴったりなんですね~。

キャベツの効果的な食べ方は??

a3935ed7b05b9869fe5365e56aebec4f_s

キャベツは、くせがないので生で食べることをおすすめします。ビタミンCは、熱にとても弱いのと水に溶けやすうという性質があります。

水に5分つけっぱなしにすると、ビタミンCが2割も減ってしまいます・・・・・。なので、生のまま食べることが1番いいということです。

千切りキャベツにしてサラダとして食べるのがお腹いっぱいになりますし、美容効果とダイエット効果のダブルの効果が期待されます。

「生はちょっと・・・・・・。」という人は、煮込み料理にしてみましょう!煮込み料理の場合は、スープに栄養成分が溶け出しているのでスープも一緒に飲むようにしましょう!!

いかがでしたか??キャベツには、体に嬉しい効果がたくさんですね。今回は「美容効果」について書きましたが、他にもがん抑制やダイエット効果もあるそうですよ!毎日の食事に取り入れていきたいですね!!

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

かぼちゃの作り方。栽培方法。準備から収穫。人工授粉できる?

かぼちゃは大人から子供まで幅広い世代に人気の野菜。和風にも洋風にも、さらにはお菓子にもアレンジできる万能な野菜です。 そんなカボチャがお家で作ることが

あしたばの効果と効能!効果的な食べ方は?カルコンがすごい?

「あしたば」は、日常的にスーパーなどで購入できる野菜ではありません。なぜなら、市場に出回っている数が少ないことと、高価な野菜であることが理由に挙げられ

きゅうり(胡瓜)の効果と効能! ガン予防?効果的な食べ方は?

きゅうりはさっぱりしていて、食べやすい野菜の1つですよね。きゅうりが嫌いな人に会ったことがないくらい、きゅうりはポピュラーな野菜なのではないでしょうか

たけのこのあく抜きを簡単にする方法。重曹、とぎ汁は使える

こんにちは(^^)/ たけのこ(筍)料理と言えば、炊き込みご飯や煮物、お吸い物などが思い浮かびます。実家の母親が好物だったので、よく食卓に筍メニューが

もやしの効果と効能!効果的な食べ方は? 加熱しても大丈夫?

値段が安く、家計の大助かりな「もやし」!!私も、給料日前はとってもお世話になっています・・・・・(^_^;) だいたい1袋20円~30円くらいで変えま

たけのこ(筍)の保存の方法。茹で方、冷凍、塩漬けのやり方

こんにちは(^^)/ 私達が普段、口にしている筍は温暖な地域に多く生えています。実は、私も知らなかったのですが九州が生産量の上位3位を独占していました

サニーレタスの簡単な育て方。栽培方法。準備から収穫まで。

何か家庭菜園をしたいな…?と思っているそこのアナタ! サニーレタスがオススメです!なぜならサニーレタスは初心者向けで栽培が簡単な野菜として知られる野菜

そら豆の選び方と茹で方。保存の仕方は?賞味期限はいつ?

初夏においしいお豆と言えばそら豆ですね。そら豆は茹でても、つぶしてスープにしても、焼いても、煮ても、炒めても、ピューレにしてパンに塗っても、ご飯と一緒

枝豆の茹で方。時間のポイント。美味しく作るための手順まとめ。

ビールのおつまみに大人気の枝豆。最近は冷凍食品の品揃えも豊富ですが、生の枝豆からも少し処理をするだけで簡単に美味しい枝豆が作れるんです。 出典:www

なす(茄子)の効果と効能! 美容や夏バテに!効果的な食べ方は?

なすは、夏によく食べますが水分がたくさんで水水しくておいしいですよね☆中学生の時学校の先生が、「なすは、奈良時代に中国を経由して日本に伝わってきたんで