*

部屋の湿気対策。夏、冬それぞれ対策まとめ。炭でもできる??


Sponsored Link

housing-900233_640

いつの季節にもまとわりつくお部屋の問題といえば「湿気」です。特に梅雨の時期には躊躇に現れますよね。被害としては様々ですが例えばカビ等です。→「布団の湿気、カビ対策。フローリングに敷く場合。除湿マットは

実はそういった天候だけで左右されるわけではなくお使いの暖房器具や加湿器による影響もあるのです。放置するわけにもいかないこの問題。しっかりと対策していけるかが大切です。

夏の湿気対策はこれだ!!

-shared-img-thumb-YAM85_sukitooruokinawanoumi_TP_V

まずは夏の湿気!湿気といっても様々で、よくあげられる要因としては「梅雨」による天候のみだれに加え洗濯物を外で干せないため部屋干しになってしまうことです。ではどのように対策していくのか。

工夫した換気

日頃私たちが行っている換気を少し工夫することで湿気対策ができます。それは「空気の通り道を作る」ということです。

つまり「空気が入ってくる場所」と「空気が出て行く場所」を意識しそれぞれを出来るだけ対角線上になるようにするというものです。これにより室内にこもっている湿度を下げることができます。

乾燥機を使う

主な原因の1つである部屋干しを避けるために予め洗濯後に乾燥機にかけておく手段もあります。これは各家庭の洗濯機次第ではありますが、可能な方は率先して実践してみるといいでしょう。

部屋干しと同時に換気

洗濯機に乾燥機能がなかったり、十分な乾燥ができなかったりする場合は部屋干しする他ありません。

そういう場合でもしっかり対策は出来、前述した「工夫した換気」を部屋干しと同タイミングで行うことにより湿気がたまるのを防ぐことができます。

また、夏場は気温が暑く換気するのに少し抵抗がある場合はエアコンの除湿機能を使うことでも対策できます。

冬の湿気対策はこれだ!!

-shared-img-thumb-AME889_yukizakura_TP_V

続いては冬の湿気。冬の場合は暖房を使用することで、外と室内の温度差が生じ湿気につながることが多いです。また同様にに加湿器も原因の1つとなります。

さらに冬といえば定番の鍋料理、こちらも発生する湯気などで湿気につながるそうです。

Sponsored Link

 

夏と同様に工夫した換気を

夏の湿気対策でも書きましたが、やはりまずは換気からですね。方法は夏と同じ様に「空気の通り道」をイメージすることです。

ですが冬の場合は夜間など耐え難い寒さとなり、私も寒がりなので実際換気してと言われても気乗りしません。ですので比較的暖かい午前2~3時頃に換気されるといいでしょう。

結露の処理を的確に

冬にとても多く発生する結露。小学生のころ指で名前書いたり、相合傘を書いたのを思い出します。そんな懐かしい思い出のある結露ですが実は冬のカビの原因の大半が結露なんです。

原因としては外と室内の温度差ですね。見つけ次第しっかり雑巾や布などでふくようにしましょう。たったそれだけでもカビの原因を抑えることができます。

炭でできる湿気対策は?

carbon-592602_640

夏と冬に分けてそれぞれ対策をお伝えしてきましたが、実はバーベキューなどで余った炭を使うことで湿気対策できるんです。その方法とは・・・

  1. 炭を水洗いします。(その際しっかり洗いましょうたわしなど使うといいですね。)
  2. 太陽の光で乾燥させる

たったこれだけです。そのまま使用しても湿気取りには使えませんが上記の手順を踏むことで立派な除湿器具となります。しかも3〜6ヶ月と結構長持ちしてくれます。

ある程度使ったら再度2の手順を踏めば再利用可能でとてもエコですね。ご自宅にもし余った炭があれば是非お勧めします。

簡単に除湿できる方法まとめ。

145900

夏と冬それぞれの湿気対策をお伝えしてきました。最後にまとめます。

【夏】
  • エアコンの除湿を有効活用
【冬】
  • 結露はなるべく処理しよう
【共通して出来る対策】
  • 「空気の通り道」をイメージして換気しよう
  • 洗濯機に機能があれば率先して乾燥機を使おう
  • 部屋干し時はなるべく換気しよう
  • 炭が余っていれば除湿器具として有効活用

以上になります。どの方法も費用もかからず、お手軽に実践出来るものばかりです。それぞれの季節に合わせて適切な対策をとりカビとおさらばした上で快適な環境で夏、冬そして四季のそれぞれの良さを感じていきたいですね。

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

水筒の臭いをクエン酸や重曹、酢(クエン酸)で取る方法。

毎日、水筒を持ち歩く人ってどのくらいいるのでしょうか?会社員やOLさんなど仕事をされている方はもちろん、お子さんであれば保育園や幼稚園に登園する日は必

洗濯でカビ取り方。衣類や服のカビを落とすには?重曹がよい?

衣類や服にふと生じたカビ。自分が着ていく服にカビがあるなんて嫌ですよね。例えば洗濯が終わり少しそのまま洗濯機内に置きっぱなしにしたりするとカビが発生す

エアコン(冷房)が効かない時の原因は?故障かどうか確認法。

近年夏の季節は年々温度が上昇している傾向にあります。地域にもよりますが家でも暑いと感じることは珍しいことではありません。家の中でくらい快適にすごしたい

シール、ラベルの簡単なはがし方。ベタベタを除去する裏ワザ。

新品の食器の裏にあるはがしにくいシールや、素敵なガラスビンを再利用しようと思ってもなかかきれいにはがれてくれないラベルシール、 子供がいつの間にかペタ

クーラーボックスのおすすめは?最強のものは?選び方は?

クーラーボックスを使うのは2つのシチュエーションがありますよね。それは、キャンプに出かける時とフィッシングに出かける時です。 キャンプに出かけるときは

畳の湿気、カビ対策。取り方は?日頃からできるカビ予防は?

畳に発生するカビ。畳を取り扱っている店も毎年湿気の多くなる6〜9月になると発生しまた比較的新しめの畳に頻発するそうです。 新しく新調した畳に、今使って

定期券の払い戻しの計算方法。手数料、手続きの場所は?

皆さんの周りには、定期券を利用している人がいますか?仕事で通勤する会社員やOLさん、学校に通う学生さん達は、当たり前のように定期券を携帯していますよね

定期券で途中下車や途中乗車はできる? お金はどこで発生する

これから、中学校や高校に進学する人や、今年から通勤する人などそれぞれの新生活が始まりますね!!今までJRなどなかなか利用する機会がなかったという人もい

部屋の片づけが苦手なあなたへ!できない理由は?改善のためのコツは?

部屋が片づかない理由とは? 最近では、よくテレビで『片づけられない』部屋を、プロの知識と技を借りてあっという間に、片づけてしまう番組がありますよね。み

布団の湿気、カビ対策。フローリングに敷く場合。除湿マットは

毎年梅雨や冬など様々な季節で問題となる湿気。その湿気はカビの原因であり放置していると布団にさえカビが、、、なんてことも。→「畳の湿気、カビ対策。取り