*

猫の暑さ対策。エアコン無し留守番時は?熱中症から守るには

   


Sponsored Link

-shared-img-thumb-MAR62_nekohitoyasumi_TP_V

皆様、こんにちは。ペットはあなたにとってどのような存在でしょうか?日頃の疲れを癒してくれる仔?子どもの遊び相手?いずれにせよ大切なパートナーには変わりありませんよね。

一人暮らしをしており、仕事で帰ってきたあとの家族の暖かさがほしくてペットを飼っていらっしゃる方も多々いらっしゃいます。かくいう私もその一人でした。

ところで、もうすぐ夏ですね。地球温暖化が叫ばれるようになって十数年、気温も不安定です。おうちでお留守番をしてくれているペットちゃんの健康管理のためにも自身が不在時の温度調整について考えてみましょう。

今回は猫ちゃんに絞って考えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

Sponsored Link

猫は暑さに強いの??

-shared-img-thumb-KAZU20140601-P6010023_TP_V

昔は、近所の公園や空き地などでよく野良猫を見かけました。夏でも元気に飛び跳ねているイメージをもたれる方も多いと思います。でも、よくよく思い返してみてください。野良猫ちゃんは本当に公園の日向にいましたか?

滑り台の影や木陰、ドラム管の中にいたのではないでしょうか。猫は外猫も多く、暑さに強いと思われておりますが、実は誤りです。そもそも毛皮がある生き物に暑さに強い生き物はおりません。

猫に関しては、人間より腎臓が弱く、より多くの水分の吸収を必要とします。皆様は、腎不全という言葉を聞いたことはありませんか?腎臓が徐々に機能しなくなる恐ろしい病気です。

お水を飲んでも腎臓に正しく吸収されず、外に吐き出されてしまうため、注意深い飼い主さんでも気が付いた時には末期症状であることもあります。もともと腎臓が強いとはいえない猫ちゃん、夏の暑さ対策には十分な注意が必要です。

エアコン無し、留守番の夏バテ対策は?

kaden_airconditioner

猫の夏バテ対策は主に以下のものがあげられています。→「犬の暑さ対策。留守番時は?屋外や散歩時は?グッヅはある?

  1. エアコンをつける
  2. 部屋を開放する
  3. 遮光カーテンで日光を遮る
  4. クールマットなど暑さ対策グッズを使う
  5. 水をあちこちに用意する

《1》エアコンをつける

一番良いのはエアコンをつけることです。電気代が心配という声もありますが、最近のエアコンは省エネモードのものも多く、気温の高くなる午後2時前後のみエアコン予約でつける、という方法でも十分効果を得られます

猫に湿気は関係ない、という声を聴くことも多々ございますが、大切な家族の猫ちゃん、エアコンを選ぶときは湿気についても気を使っているエアコンを選ぶとより良いと思います。

と、エアコンをお奨めしましたが、どうしてもエアコンがつけられない環境もあります。構造上エアコンの取り付けが難しいケースやエアコン自体が壊れているのに大家さんがなかなか修理をしてくれないというケースです。

そのような場合は、上述の2-5をお試しください。

《2》部屋を開放する、《3》遮光カーテンで日光を遮る

部屋を解放する、遮光カーテンで日光を遮る、は合わせて行うと効果的です。特に「部屋を解放する」際にカーテンを開けて窓を全開にしてしまうと、直射日光が猫ちゃんにあたり、夏バテを起こしてしまう可能性があるので要注意です。

Sponsored Link

 

《4》クールマットなど暑さ対策グッズを使う

筆者の経験上、これは本当にお勧めです。暑さ対策グッズをすぐに入手できない場合は、「500mlのペットボトルに水を入れて、冷凍庫で凍らせ、タオルをまいてゴムで止める。」これを数本用意し、朝晩取り換える、だけでも効果は得られます。

また、ペットボトルより長時間冷却効果が継続するプラスチック型のタオル生地付冷却グッズ(水を入れて凍らせておくタイプ)や、

一晩冷やしておくだけで8時間冷却時間が継続するすのこやクールマット、置くだけで効果があるアルミの冷却マットなど、多数の冷却用品がでております。

猫用にとらわれず、犬用やうさぎ用など、幅を広げて猫ちゃんにあったものを探してみてください。なお、筆者はうさぎを2匹かっていましたが、1匹はアルミ冷却マットを気に入ったもののもう1匹はおなかを冷やしすぎてしまいました。

また、胃腸が痛いのをごまかすために冷却マットに乗り続けていたケースもありました。暑さ対策グッズを使う際は、使用開始時は勿論のこと、使用開始後も普段と違った使い方をしていないか等、いつも以上に気をかけてあげてくださいね。

《5》水をあちこちに用意する

猫ちゃんは体温調整を口から行うので、人間よりも喉が渇きやすい傾向にあります。また、好奇心旺盛であっちこっちに冒険にでてしまうので、室内探検時に脱水症状に陥って、水場まで戻れないなんてことも・・・。

家のあちこちに水場を用意してあげて、冒険中に脱水症状が起こらないように気をかけてあげてください。お水には少し氷をいれておくと、なおGOOD!です♪

オススメの暑さ対策グッズは?

bsPPG_hakodenegaeriwoutuneko

なんといってもエアコンです。大切な家族のため、お昼の時間だけでもエアコンをつけられるようにしてあげてください。特に赤ちゃん猫ちゃん、高齢の猫ちゃんにとって猛暑は最大の敵です。

どうしてもエアコンなしで頑張らざらないのであれば、プラスチック型のタオル生地付冷却グッズ(水を入れて凍らせておくタイプ)、長時間冷却効果が継続するすのこタイプの使用と、水をあちこちにおくことを併用することをお奨めします。

皆様が大切な猫ちゃんと長い年月を健康的で快適にお過ごしできることを心よりお祈り申し上げます。

Sponsored Link
Sponsored Link



, , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

猫の熱中症(日射病)、夏バテ対策。最悪死亡も!症状と予防

皆様、こんにちは。例年に続き、暑い日が続きますね。「エアコンが効いている快適なカフェで過ごしたい!」なんて思うこともあるのではないでしょうか。人間でも

犬の暑さ対策。留守番時は?屋外や散歩時は?グッヅはある?

犬は人のように全身で汗をかくことができません。唯一犬が汗をかけるのは肉球だけなのです!なんとか体温を外に逃がそうとワンちゃんは熱くなるといつも舌を出し