*

ボーナス、賞与の計算方法。査定の仕方は?基本給で計算期間は


Sponsored Link

kyuryou_bonus

皆様、こんにちは。そろそろボーナス、賞与の時期ですね。既に支給された方は、会社内で「去年より上がった」とか「なんで予想より少ないんだ」とかそういう会話が飛び交ったのではないでしょうか。

「ボーナス(賞与)ってどのように決まるの?」新入社員に質問を受けたことがあります。→「新入社員のボーナス平均額は?いつからもらえる?使い道は?

会社の説明会や従業員の募集要項で、「賞与:月給2.5ヶ月(昨年実績)」といった話は聞くものの、実際の算定方法まで教えてくれる先輩社員はあまりいないですよね。

そこで今回は、ボーナス、賞与について考えていきたいと思います。

ボーナス、賞与ってそもそも何?

dollar-499481_640

そもそも、ボーナス、賞与ってなんでしょう?この記事をお読みの方には、会社の内定時に年間の見込み年収の算定表をもらった方もいらっしゃるはず。

そこに、「見込み年収(残業代○○時間、賞与込み)」という記載がされているケースも多く、「ボーナス、賞与って給料の一部なんだ」と思われた方も多いはず。実は、違うのです。

ボーナス、賞与は会社が出した利益を従業員(労働者)へ還元するためのお礼なのです。

法律上では、ボーナス、賞与は「定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額があらかじめ確定されていないもの」と定められております。一般的な企業では・・・

  • 夏に支給される夏季賞与
  • 冬に支給される冬季賞与
  • 決算の結果、業績が良い時に支給される決算賞与(特別賞与)

・・・などがあります。

計算期間の目安とかはあるの?

calculator-385506_640

ボーナス、賞与が従業員(労働者)への利益の分配であることは、先ほどご説明させていただきました。ところで、ここでいう利益って、いつの利益でしょうか?昨日までの利益?それとも一年前の利益?

ボーナス、賞与の計算期間については大まかな目安があるのです。一般的な企業のボーナス(夏季賞与・冬季賞与)の計算期間はボーナス支払い月の1年前から半年前、つまり・・・

【夏季賞与が6月末支給の場合】
「前年7月~前年12月」もしくは「前年8月~本年1月」
【冬季賞与が11月末支給の場合】
「前年12月~本年5月」もしくは「本年1月~本年6月」

・・・のところが多いようです。決算賞与は、会社の利益が予算より大きかった時に従業員(労働者)に分配される賞与です。

これは、会社の会計期間(一般的に4月~翌年3月、一部1月~12月)に会社が得た利益を従業員(労働者)分配するので、会社の会計期間が計算の目安となります。

Sponsored Link

 

「あれ、ちょっとまって?私、入社してすぐの6月にちょっとだけお金をもらったよ。」と思った人もいらっしゃるはず。

入社直後のボーナス、賞与時期に会社によっては、「寸志」という言葉を使い、入社直後の社員に僅かばかりの賞与を支給するところもあります。

寸志を頂いたら、会社からの「我が社に入社してくれて有り難う」というお礼の気持ちと思ってありがたく頂戴しましょう。

ボーナス、賞与の計算方法。査定の仕方は?

-shared-img-thumb-max16011508-2_TP_V

一昔前は、「基本給×○ヶ月分」という支払われ方が一般的でした。

年功序列による給料の支払い形態から、欧米諸国に倣って実績主義が採用され、給与の支払い形態も「実績主義」に変更した企業も多くあります。(形式だけ実績主義として、年功序列が強い企業が多いのが実態ではございますが・・・汗)

「基本給×○ヶ月分」での支払いは、会社の業績が悪すぎない限りそのままの企業が多いので、いったん置いておくとして、「実績主義」による査定方法は会社によって様々です。

一般的には上司が「同じ実力(基本給)」の部下を比較して、実績や会社および社会への貢献などをもとに査定するケースが多いです。

会社によっては、支給開始期間の最初に従業員(労働者)に「業績を昨年比5%あげます」「業務に役立つ資格を取得します」などという目標(評価シート)を書かせて、その結果を踏まえて賞与の査定を行うこともあります。

結果として、憧れの上司より、部下のほうがボーナス、賞与が高くなるなんて逆転現象も笑

なお、「基本給×○ヶ月分」の場合でも、「実績主義」の場合でも、会社の会計期間後、つまり決算後に利益が予算よりも多かった場合、「決算賞与」で調整されます。

余談ですが、これは、利益が大きいと会社にかかる税金が大きくなるという節税対策であったりもします。決算賞与は、役職や基本給をベースに均等割で支給されるところが多いようです。

いかがでしたか?ボーナス、賞与と一口に言っても様々な種類や査定方法があり、会社独自の支払い方法が採用されております。

この機会に会社の就業規則で、あなたの会社がどのようなボーナス、賞与の支給形態をとっているのか確認してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

賞与引当金と賞与引当金繰入とは?仕分けや計算方法は?

皆様、こんにちは。ボーナスはもう貰いましたか?この記事をお読みの方には、経理担当の方もいらっしゃるかと思います。 今でこそ、会計ソフトが金額を計算して

宝くじのスクラッチ種類や買い方は?当たる確率って?

せっかく宝くじを買うのであれば、高額当選したい!と思いますよね。宝くじには様々な種類がありますが、中でも、スクラッチは手軽に購入しやすく、比較的当たる

新入社員のボーナス平均額は?いつからもらえる?使い道は?

高校、大学または専門学校を晴れて卒業し新入社員として就職が決まりこれからのことに胸を膨らませてる方も多いでしょう。 そこで社会人というわけですから両親

ボーナスの額の平均は?公務員、大企業、中小企業まとめ。

自分が会社から貰っているボーナスって多いの少ないの?と思われている方が結構多くいらっしゃいます。年齢的な相場や、会社の規模的な相場など正直ボーナスの額

夏のエアコン冷房の電気代節約まとめ。設定温度は何度がいい?

夏になると一番良く使う家電といえばエアコンですよね!最近は省エネ化が進みエアコンの消費電力は昔に比べると格段に少なくなりましました。それでも、電気代が

ボーナスの税金30万、100万円の時は?手取りの計算方法は

皆様、こんにちは。今年のボーナスは如何でしたでしょうか?予想より多く貰えて喜んでいる方、全然貰えなくてガッカリしている方、様々だと思います。 ある程度

宝くじの税金は翌年いくらなの?贈与税や住民税の影響の割合は?

「もしも宝くじで1億円当たったら・・・」宝くじの高額当選は、日本人なら、誰でも一度は夢見るものではないでしょうか。

HSBC銀行とは?香港と日本ではどう違う?口座開設方法は?

HSBC銀行ってどんな銀行だろう? 日本の銀行と香港の銀行で何が違うの? どうやってHSBC銀行の口座を開設するの?  

オレゴン州の消費税って実際の所どう?住んでる私が調べました。

こんにちは!現在、日本の消費税は8%ですよね。2019年には、10%になると言われています。日本での消費税率引き上げというと、全国で一斉に実施されます

ボーナスなしやカット。平均で公務員や企業はどのくらい?

皆様、こんにちは。楽しみなボーナスの季節がやってきましたね。「あれを買おう、これを買おう」なんて自分へのご褒美や「○○旅行へ行こう」と家族サービスを考