*

妊婦の夏の過ごし方。服装は?腹巻きは必要?暑さ対策まとめ。


Sponsored Link

pregnant-1126635_640

近年の日本の夏は、ものすごく暑いですよね。妊娠中の夏は特に暑く感じるものですし、乗り切るのは大変です。あまりの暑さに、どのようなことに気をつけて過ごしたらいいのか不安に感じることもあるのではないでしょうか。

この記事では、妊婦さんの夏の過ごし方、より快適に過ごすための暑さ対策や、服装についてまとめました。妊娠中でも暑い夏を健康に、少しでも楽に過ごすためのヒントをご紹介していますので、妊娠中に夏を迎える妊婦さんは必見の内容ですよ。

妊婦にとって夏の暑さはしんどいもの。

flower-399409_640

妊娠中の夏の暑さは本当にしんどいものです。妊娠初期ですとつわりによる栄養不足で夏バテが心配になりますし、妊娠後期のお腹の大きい時期は身体の自由もきかず、少し出かけるのも一苦労ですよね。

妊娠中は基礎体温が高くなりますので、代謝が活発になり、妊娠前よりも汗をかきやすくなります。更に疲れやすくもなりますので、脱水症状や熱中症にも妊娠前よりも注意が必要です。

ただでさえ大変な身体なのに、夏の暑さが重なることで日常生活の苦労も倍増してしまうのです。→「妊婦の熱中症の症状と対策、予防法。胎児への影響は?

妊婦の夏の服装は?快適に!冷やさないように!

335242

妊娠中の夏をより快適にするためには、服装選びが重要になってきます。通気性がよくて、動きやすくて、汗を吸い取ってくれるもの。

尚且つ身体を冷やさず、産後も着られることを考慮されたデザインだと更にいいですね。以上を踏まえて、服装を考えてみましょう。

インナー

  • 産後も授乳がしやすい
  • 肌に触れる部分がコットン・麻・ガーゼなどで蒸れにくい
  • 締め付けが強くないが、サポート力がある

汗をたくさんかきますので、インナーの着替えを常備すると肌トラブルも防げますし気持ち良く過ごせますよ。試着をして、締め付けや肌への当たり方を確認してから購入するのもおすすめです。

トップス

  • 締め付けない、ゆったりしたもの
  • 体系のカバーできるAラインのものや、ワンピース、チュニック
  • 産後、授乳がしやすい前開きのもの
  • 汗を良く吸収し、通気性のいいもの

パンツ・スカート

  • ストレッチのきくもの
  • お腹を締め付けないもの

丈の短いものを履く場合は下着を工夫したり、通気性の良いレギンスやタイツと組み合わせて身体を冷やさないように心がけるようにしましょう。

Sponsored Link

 

妊娠期間は長いようで、短いものです。出来れば産後も着られるものがいいですね。最近は産後の機能性も考慮されたマタニティウェアも多く、可愛いデザインもたくさんありますよね。

是非活用して、妊娠中も産後もファッションを楽しんでください。また、エアコンによって体が思った以上に冷えてしまうこともあります。カーディガンストールを体温調整に活用しましょう。

腹巻きは必要?

haramaki_woman

妊娠中に腹巻きや腹帯をする理由は、冷えの防止、お腹の保護、腰痛の防止のためです。妊娠後期は特にお腹が大きくなりますので、姿勢も崩れがちで、姿勢が崩れると身体のあちらこちらが痛くなってしまうものです。

そういったことを防ぐためにも、夏であっても腹巻や腹帯は必要と言えます。夏場は綿素材や、メッシュのものなど蒸れにくい腹巻きを選び、冬用と分けて用意するといいですよ。

暑さ対策まとめ。

-shared-img-thumb-yuka_taiyoutosky_TP_V

妊婦さんの夏の過ごし方や、暑さ対策をまとめると、以下のようになります。

  • 通気性がよく、締め付けない服装を心がける
  • 妊娠中は肌トラブルも起きやすいので、下着の着替えを持ち歩く
  • 暑い場合、あまりにも汗が出すぎる場合は濡れタオルを首回りにあてる
  • お出かけは映画館やショッピングモールなどの涼しい場所へ
  • こまめな水分補給を忘れずに
  • 妊娠中は日焼けもしやすく、シミになりやすいので紫外線対策は入念に
  • 身体を冷やさないように下着やカーディガン、ストールなどで工夫する

妊娠中は気をつけることがたくさんあって、気疲れしてしまうかもしれません。それでも、大変だった出来事は良い思い出になるものです。可愛い赤ちゃんと会える事を励みに、暑い夏を乗り切ってくださいね。

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生後2ヶ月頃の遊び方。時間やおすすめの遊び場は?

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは、体重が増え、身体がしっかりとしてきて、あやすと微笑む表情も見せてくれるようになりますよね。新生児の頃より起きている時間も長く

生後2ヶ月の咳、風邪。症状と対策は?予防接種はしていい?

表情が豊かになり、起きている時間も長くなる生後2ヶ月の赤ちゃん。お出かけや、人ごみに行く機会も増える時期なので、心配事も増えてくる時期なのではないでし

発達障害のチェックリスト。2歳と3歳の子供の特徴や行動は

小さなお子様が居る方は「発達障害」という言葉は聞いた事はありますよね。でも、実際には「病気なの?」「障害なの?」「なに?」と疑問だらけでしょうね。

幼稚園を嫌がる子供にすべき対処法はこれ!原因はこれだった。

こんにちは(^^)/ 幼稚園は、入園する子供にとって初めて親と離れて過ごす場所であり、初めての集団生活となることがほとんどです。 春になると可愛らしい

折り紙で星を作ろう!誰でも簡単に5枚で立体的な星ができる作り方!

クリスマスや七夕などで定番の飾りつけの星☆お誕生日やパーティーでも星は大活躍してくれますよね。折り紙の中でも星の折り方はたくさんあります。ハサミを使っ

生後半年の赤ちゃんの身長や体重は? 成長と育児ポイントまとめました

こんにちは! 赤ちゃんも、産まれて半年がたちました。産まれたばかりとくらべて、どうでしょうか?? 半年もたつと、顔つきだったり、日中起きている時間だっ

さつまいもで作る離乳食!簡単に誰でも作れるやり方冷凍もできちゃう!

■さつまいもの下ごしらえ 離乳食、赤ちゃんにはいろいろなものを食べてもらいたいと思いますよね。今回はさつまいもを使った簡単な離乳食のレシピや調理方法を

生後2ヶ月で指しゃぶりの理由は愛情不足?激しいと手荒れも

赤ちゃんは、生後2ヶ月頃になると起きている時間も長くなり、その分見せてくれる動作も多くなりますよね。この時期に始まる動作として代表的なのが「指しゃぶり

発達障害の子供の症状は?暴力やイライラに対しては何がよい

発達障害という言葉を知っていても実際に「どんな?」と分からない人は多いですよね。発達障害は大きく3つに区別する事ができ、それぞれ症状が違います。

赤ちゃんが風邪の時の離乳食は?下痢にならないためには?

季節の変わり目や寒い時期、赤ちゃんは特に体調を崩しやすくなりますよね。気がつくと鼻水をたらし、熱があった!なんてこともあるのではないでしょうか。