*

夏バテの症状と原因と対策。効果的な運動で対策、予防を!


Sponsored Link

natsubate_girl2

夏は、子どもたちにとって楽しい夏休みが待っています。また、大人にとっても開放的な気分になりやすい時期ですよね。しかし、うっかり羽目を外し過ぎると「夏バテ」という厄介な魔物が潜んでいるのです。

子どもだけでなく、大人も体調を崩しやすくなるので注意が必要です。また、気を付けていても「夏バテ」になっていることもありますので、暑い季節ならではの過ごし方をぜひ知っておきましょう。

今回は、どうして夏バテになってしまうのか?また、夏バテに効く運動などをご紹介していきたいと思います。

目次)
  1. そもそも夏バテって?
  2. 夏バテの基本的な原因は何??
  3. 夏バテの症状は?
  4. 効果的な運動で対策、予防を!

そもそも夏バテって?

-shared-img-thumb-LIG_h_uwaginuidesuzusi-_TP_V

夏バテは、日本の気候に大きく影響しているようですね。それは、日本の夏が高温多湿という気候であるためです。→「子供の夏バテ対策。症状チェックポイントは?解消法はこれ!

この高温多湿が災いして、人間の体にダメージを与え続けてしまうと体が限界状態を迎えてしまいます。その時に、体調を崩し夏バテという形で表れてくるのです。

夏バテの基本的な原因は何??

photo0000-0335

夏はとても暑いので、部屋の中にいる時は冷房の風で体をクールダウンし、また外に出れば暑い日差しの中で大量の汗をかくような状態です。

これを1日に何回も繰り返すことを考えると、体に与える負担は大きいですよね。私たちの体には、体温調節をしてくれる重要な神経「自律神経」が存在します。

Sponsored Link

 

元々、恒温動物である人間の体は、どんな環境に置かれても体温を一定に保つ素晴らしい機能を持っています。また、人間の意識とは関係のないところで、このような働きが行われています。

しかし、夏の暑さに加え湿度の高い状況の中では、この自律神経の働きが追いつかず狂ってしまう事を知っておきましょうそれが、夏バテの原因となり体のあらゆる部分に悪影響を及ぼしてしまうのです。

夏バテの症状は?

person-810536_640

夏バテの主な症状についてご説明しますね。

全身のだるさと疲労感

夏は、日中の暑さ以外に夜の暑さにも注意しなければいけません。それは、夜になっても気温が下がらないことで熱帯夜が起こるためです。

熱帯夜が続くと、暑さで寝苦しく寝不足の日が増えてしまいます。寝不足は、体の疲れをとることができず、翌日以降に疲労感を持ち越すという悪循環に陥ってしまうのです。

食欲不振

高温多湿の影響で、自律神経の乱れを招いて胃や腸の働きが鈍くなってしまいます。それに伴い食欲不振に陥ってしまうのです。この症状が原因で、疲労感や無気力を引き起こすことがあるので、長引かせないように気を付けましょう。

夏バテは、体全体が疲れていると言い換えることもできると思います。この状態が長引くと、免疫力が低下している状態でもあるので、人によっては夏風邪にかかることがあります。

できるだけ、夏風邪にかからないように先ずは、夏バテ予防に取り組んでいきましょう!

効果的な運動で対策、予防を!

swimmers-79592_640

これからご紹介するのは、夏バテになってしまった人にも夏バテを予防するにも効果がある運動です。

有酸素運動

有酸素運動は、血液の流れを良くし体温を上げてくれる効果があります。また、体が温まることで汗をかきやすい状態にしてくれます。これは、自律神経の働きを促し体温の調節をしているのです。

運動には、ウォーキング・ジョギング・水泳・ダンス・ヨガなど、いろいろな種類がありますがその中でも向き不向きがありますよね。自分に合った運動を見つけて始めてみましょう。

体操やエクササイズ

◎朝、起きてからすぐできる体操

  1. 仰向けになった状態で、手足を動かします。手をグーパーと閉じたり開いたりする動きを繰り返します。
  2. 仰向けのまま両手を上げて、両手と両足を同時にゆっくり伸ばします。伸ばす時のポイントは、始めは力を抜いた状態で軽めに伸びをし、徐々にじわじわと力を入れていきましょう。

1.2の体操をすることで、眠っている頭と体を少しずつ目覚めさせてくれます。

◎朝のウォーミングアップ

  1. 早朝の散歩をしましょう。自宅の近くをゆっくりと歩く程度で構いません。
  2. ラジオ体操をしましょう。または、軽いストレッチなども良いでしょう。
  3. 朝日を浴びることを習慣にしましょう。また、窓を開けて新鮮な空気を吸い込むのは、体にとって非常に良いことです。深呼吸を意識して取り入れてみましょう。

まとめ

-shared-img-thumb-N4785_tukaretahato_TP_V

いかがでしたか?毎年この時期に、夏バテが原因で体の不調を感じている人は、自律神経を整えることから始めてみてはいかがですか?今年の夏は、バテないように毎日の習慣を見直してみましょう。

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症の原因は?寝不足も原因だった!室内でも熱中症はある?

太陽がさんさんとふりそそぎ、いよいよ夏本番ですね!近年は異常気象!?っと思うくらいあつ〜い夏が続いていますよね(>_<) そんな暑い夏にな

妊婦の熱中症の症状と対策、予防法。胎児への影響は?

日本の夏は暑く、辛いものです。妊娠中の夏は特に暑く、だるく、乗り切るのは本当に大変なものですよね。妊娠初期のつわりの時期ですと夏バテが心配になりますし

夏バテ対策の食べ物と飲み物、グッツまとめ。これで予防!

この時期どうしても全身がだるくて疲労感が抜けない日々が続いたりしていませんか?そんなあなたは夏バテかもしれません。 夏なバテは疲労感以外にも食欲がわか

子供の熱中症の症状と対策、予防法。嘔吐や発熱は熱中症かも。

真夏の暑い日であっても、元気いっぱい動き回るのが子供たち。遊びに夢中で汗をたくさんかく分、熱中症が心配になってしまいますよね。毎年大勢の方が病院へ緊急

熱中症で応急処置。初期症状から危険な症状。子供の場合は?

夏になるとこんなニュースを見かけたことありませんか? 「熱中症による救急搬送過去最多!」 「熱中症により、○歳の○性死亡」 そう、熱中症って実はとって

子供の夏バテ対策。症状チェックポイントは?解消法はこれ!

昨日は、あんなに元気だったのに今日はどうして元気がないのだろうと、子供の様子がおかしいなと感じたことはありませんか?子供は、大人と違って1日もしくは半

赤ちゃんの熱中症の症状とサイン。対策と予防法は?グッツは?

暑い暑い夏がやって来ました。赤ちゃんを育てるパパ・ママにとっては心配な季節でもありますよね(>_<) まだまだ体温調節機能が未発達な赤ちゃ

夏の暑さ対策の食べ物やグッズまとめ。屋外、外での対策は?

あつ〜い、あつ〜いが口癖になってしまうようなこの猛暑!この暑さどうにかならないの!?と思いますよね。 暑さ対策について調べてみるといろいろなグッズはも

熱中症対策になる食べ物と飲み物はこれ。塩分の取り方まとめ。

熱中症は、地球温暖化の影響もあり梅雨の時期や、特に夏季になると増加傾向にあります。私達は、熱中症についてどのくらい知っているのでしょうか?毎年、ニュー

熱中症の後遺症の症状と治療法。脳や自立神経にも影響が。

毎年、熱中症で大勢の方が緊急搬送されています。暑い時期は充分注意して過ごしたいものですね。そんな熱中症にも後遺症があることをご存知でしたか? この記事