*

キャンプマットオススメ比較。コンパクト、エアマットまとめ。


Sponsored Link

キャンプの際に忘れてはいけないのがキャンプマット!キャンプマットて何?という方もいると思うので、今回はキャンプマットの選び方やオススメキャンプマットをご紹介します!

私はキャンプマットなんていらないでしょ!と思って寝袋だけでキャンプに挑んで痛い目にあいました。何が悪かったのかというと地面の凹凸が激しく寝袋だけではその凹凸を吸収しきれず、とてもゴツゴツしてなかなか寝付けませんでした。正確には、その日眠れませんでした(TдT)

せっかくのキャンプなのに朝から疲労困憊。1日が始まる前に終わっていました。。。そんな悲惨なことにならないためにも皆さんはきちんと自分にあったキャンプマットを選んで快適な睡眠と朝を迎えましょう!

キャンプマットの選び方のポイントは?

キャンプマットの選び方のポイントは大きく分けると4つあります。

  1. 収納性
  2. 弾力性
  3. 断熱性
  4. マットの種類

収納性

アウトドアで使うものなのであんまりかさばりすぎると邪魔になってしまうので、できるだけコンパクトなものを使いたいというのが、皆さんのニーズだと思います。

新しい商品ほど収納時のサイズがどんどん小さくなっています。それでいて快適に休むことができます。

(いい時代になりました^^ 昔アウトドアをしていた時は寝袋とマットは他のどの荷物よりもかさばって、ほとんどそれだけで収納スペースがいっぱいになっていました。)

弾力性

地面の凹凸を吸収してくれ、快適な睡眠ができるかはこの弾力性にかかっています。基本的には厚みのあるものほど弾力性に優れ、薄くなるほど弾力性が弱まります。

その他にも素材によって弾力性が異なります。詳しくはマットの種類のところで解説します。

断熱性

真夏のキャンプであればあまり気にする必要はないのですが、雪山の登山とかになると断熱性はとても重要です。地面からの冷たい熱が伝わってきて寝袋をしていても寝られない(>_<)!ということが、使い方によってはあります。

雪山とは言わず、GWくらいのまだこれから暖かくなる時期のキャンプだと、夜になると少し冷えるので断熱性を少し気にする必要があります。断熱性の高いマットはの指標はRという単位で表します。数字が大きいほど断熱性が高くなります。

マットの種類

マットは大きく発泡マット(クローズドセル)エア注入式マットの2種類があります。

発泡マット・クローズドセル(ウレタンマット、銀マット、など)

発泡マットの特徴は収納時と利用時の大きさが変わらないことです。
一般的には銀マットがよく使われます。収納がかさばり持ち運びがやや不便です。

エア注入式マット(エアマット、インフレータマット)

エア注入式マットは、利用時に膨らますタイプのマットです。普段は空気を抜いてコンパクトに持ち運びができるため使うときに口などでプーっと空気を送り込んで膨らまして利用します。

しかし、口で膨らませるにはかなりきつい量の空気を送り込まなくてはいけないので空気入れが必須です!

エアマット(サーマレスト ネオエアー)というタイプの商品もあり、こちらのタイプなら半分くらいはバルブを開けたら自動で空気が入ります。

残りの半分は自力で入れましょう。こちらならまだなんとかポンプ無しで、口で入れることも可能ですがやはりポンプがあったに越したことはありません。

コンパクトなマットオススメランキングは?

コンパクトさを追求するならこちらのキャンプマットがオススメ!エアマットになっているので、空気を抜けば持ち運びも楽ちん!そして、空気を抜く作業って結構面倒なのですが、このマットは空気の排出がとても楽ちんです!

楽天でも大人気のこちらの商品!売り切れが続出中!もうしばらく手に入らない!?(゜o゜; 従来タイプのものより収納時のサイズが5cmも小さくなりました!マットは2つに分けて使うこともでき、1人でも2人でも利用できます!

Sponsored Link

エアマットでオススメランキングは??

車中泊に持って来い!エアマットで車内は快適!お値段なんと2100円!たったこれだけで車中泊が楽になるのならスキーやボードに一泊二日の車中泊で行くような人にすごく快適になるおすすめのアイテムです!

エアマットなので普段はコンパクトになるので車の中に1つ積んであるだけで、いざというときにとても役に立ちます。アウトドア系のマットにはあまりついていないのですが、こちらのエアマットは枕もついていてとっても快適に眠れます♪

一人用じゃなくて家族や友達と一緒に寝るときにはこちらのマットがおすすめです!1枚で3人くらいまでは休めるので、家族でのキャンプにはうってつけ!

地面の凹凸が気にならず快適に眠ることができます。エアマットなので膨らます用のポンプもお忘れなく(>_<)!

キャンプに行くとコンセントが無くて電源が取れない(>_<)!せっかく、電動ポンプを持って行っても使えない!ということがあります。そんな時、こちらの商品がおすすめです。車のシガーソケットから電源を供給できるのでどんな場所でも大活躍!

これで、エアマットをどこでも簡単にふくらませることができます。キャンプをするなら必須の1台ですね!お値段もとってもリーズナブルで安心♪

サーマレストでオススメランキングは??

断熱性が高く前回のモデルよりも20%も断熱力がアップしています!真冬のキャンプ以外でも使えるので年中利用できる便利なマットです。

使い方はっとっても簡単でひろけるだけ!これなら1秒で準備完了です!また、収納時も蛇腹状になっているの折りたたんでいくだけなので30秒もあれば十分片付けられます。エアマットと比較すると簡単に利用できるのがいいですね^^

寝心地はエアマットのほうがいいので、寝心地をとるか使いやすさを取るかはあなた次第です!

ロールタイプの収納が可能なリッジレスト ソーライト。サーマレスト同様に広げてたたむだけなので出し入れがとても簡単です!登山やツーリング、車中泊などでサッと出して使えるのがいいところです。

長さはレギュラータイプだと183cmあるのでよほどの長身でない限り頭の先から爪先まではみ出さずに快適に寝ることができます。

まとめ

キャンプ

いかがでしたか?キャンプ用のマットは種類がたくさんあってどれを選ぼうか迷ってしまいますね。そんなあなたのためにここまでの記事をまとめてみます。

  • 快適に眠りたい人は → エアマット
  • かさばらず、持ち運びが楽なものがいい人は → エアマット
  • 出し入れが簡単で、出したい時にサッと出して使えるマットがいい人は → サーマレス
  • 寝るとき以外にもちょっと腰を掛けて休むのに使いたい人は → サーマレス

こんな感じで選んでいくとあなたにぴったりなキャンプマットが見つかるはずです。

この他にもキャンプに関連の記事はたくさんあるのでぜひぜひそちらもご覧ください。

たくさんキャンプに関する知識をつけて120%キャンプを楽しみましょう^^!

Sponsored Link



, , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スイカ割りゲームの歴史と遊び方のルール。棒の代用は何?

夏!海!ときたらあなたなら次は何が来ますか?

キャンプの女の子の服装と持ち物。春夏秋冬共通のポイントは?

キャンプに誘われたけれど、「初めて行くキャンプ。服装は?持ち物はどうしたらいいの!?」と困っているあなた。

キャンプタープ。選び方と張り方は?おしゃれなオススメは?

キャンプの用具を買う時にテントの次に高額な買い物になるキャンプタープ。お値段がお値段な分、慎重に選びたいですよね(>_<)

キャンプのテントオシャレで人気のオススメは?選び方は?

この季節になるとレジャーでキャンプに出かけに行きたくなりますよね!そんな時に必要なアイテムの一つが「キャンプ用のテント」!

キャンプの料理。初心者でも簡単に作れるオススメメニューは?

アウトドアの定番の料理といえば ” BBQ ” じゃないですか?でも定番すぎてつまらない!もっと他にも簡単にできるアウトドアのメニューってないのかな?

海での遊び。大人から子供、カップルまで。グッツ道具まとめも。

あなたは海にカップルでいったら何をしますか? 友達や家族と一緒に海に行ったら何をしますか?