*

七夕の由来は?意味は?願い事は叶う?七夕伝説の日本と中国の話


Sponsored Link

皆様、こんにちは。突然ですが、もうすぐ七夕ですね!子どもの頃は、織姫様と彦星が会えるように晴れてほしいと、てるてる坊主を作って空に祈ったものです。

大人になると、「雨が降っても、天の川は雲の上にあるから、天候は関係ないよね?」なんて穿った見方をしてみたり・・・。そんな夢のない話は、華麗にスルーして、七夕について少し見ていきましょう。

七夕の由来は?意味は?

tanabata_amanogawa

七夕伝説と言えば、皆様、織姫様と彦星が1年に一回出会えるという愛の物語が思い浮かぶと思います。実はこれは中国からの伝承とされており、日本では全く別の起源があることをご存知でしたか?

七夕とは棚機(たなばた)」という日本独自の禊(みそぎ)行事が由来となっております。「乙女が着物を織って棚にそなえ、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらう」という神事がありました。

この着物を織って棚にそなえる乙女のことを「棚機女(たなばたつめ)」、着物を織る織り機を「棚機(たなばた)」とよびました。この行事がお盆を迎える準備の意味も持つようになり、七月七日の夜に行われるようになりました。

七月七日の夜(夕方)の行事の当て字として「七夕」で「たなばた」と読むようになりました。

願い事が叶うと言われている理由は?

-shared-img-thumb-IMG_8235ISUMI_TP_V

日本の七夕は神事が由来ですが、なぜ願い事が叶うと現代に伝えられているのでしょうか?

「乞巧奠(きっこうでん)」という風習からきております。上述の通り、もともと、秋の豊作を祈ったり、けがれをはらう、という願いが込められた神事ではありました。

 

Sponsored Link

 

神事を行うものが、「棚機女(たなばたつめ)」であることより、最初は機織りや裁縫の上達により、より良い神事を行うことが願われておりました。そこに、芸時や書道の上達が加わり、今では様々な願い事が行われるようになりました。

笹に願い事を書いた短冊をさげて飾る七夕祭りは、江戸時代に寺小屋で学んでいた寺子たちが習字の上達を願って、短冊を書いて笹に飾るようになったことに由来すると言われております。

願い事ランキング!よくある願い事はどんなもの?

tanzaku

皆様は子どものころ、どのような願いをかきましたか。「将来の夢」や「欲しいもの」を書いた人が多いのではないでしょうか。筆者は、「ようちえんのせんせいになりたい」と書いた記憶があります。

では、子どもと一緒に書く大人はどのようなものを書くのでしょうか。主だったものをランキング化してみました。

【願い事ランキングTOP5】
1位・・・健康祈願
2位・・・金運アップ
3位・・・仕事・学業に関すること
4位・・・結婚・恋愛運アップ
5位・・・生活の安定

5位に「豊かな生活がしたい」「税金が安くなってほしい」といった現代社会を反映するような願いごとも含まれてしまっているのが、少し悲しいですが、1位から順にみていくと、初詣の願い事や神社のお守り、パワーストーンに通ずるものがありますよね。

七夕伝説の日本と中国の話。

milky-way-916523_640

最後に少し七夕伝説に触れてみたいと思います。→「七夕祭りの由来と歴史。日本三大七夕まつりって何??

「星空をつかさどる神様である天帝が織姫様と働き者の牛飼いの彦星を結婚させた。二人ともおしゃべりばかりで仕事をしなくなり、天帝が怒って二人を天の川を隔てて西と東に分けたら、織姫様は泣いてばかりで機織りをしなくなった。

彦星も元気をなくし、牛の世話をしなくなった。見かねた天帝が「まじめに仕事をするのであれば1年に1回会うことを許す」と伝えたところ、二人とも一生懸命、働くようになった。

その1年に1回の日が七月七日である」良く知られている七夕伝説ですが、これは中国由来のもの。日本では別の伝説があります。

「大蛇が3人の娘をもつ男のところへ「娘をよこさねば、家族ともども殺す」と言った。上の2人の娘は嫌がり、末娘が家族を守るため大蛇のところへ向かったところ、大蛇は実は神様で天雅彦という立派な青年だった。

末娘と天雅彦は仲良く暮らしていたが、上の2人の娘の嫉妬により、2人は離れ離れになってしまうも、もう一度出会うことが出来、より固い絆で結ばれた。ところが、天雅彦の父は鬼であり、人間である末娘との結婚を反対した。

最終的に天雅彦の父は末娘を認め、「月に1回であれば会ってよい」と伝えるも末娘は「年一回」と勘違いし、天雅彦の父も勘違いを正さなかったため、末娘と天雅彦は、七月七日の夜にだけ会うことが許された」

あまり知られておりませんが、このような伝説が日本にはあります。以上、七夕について見てまいりました。七夕伝説は日本と中国だけではなく、世界各地に独自のものがあります。

また、中国は上述以外にも「天衣」に纏わる伝説もあるようです。この機会に世界各国の伝説に触れてみるのもよいかもしれません。

それでは、今年の七夕が晴れて、織姫様と彦星が無事に出会えることを祈って、今回は締めさせていただきたいと思います。どうか皆様の願いも叶いますように・・・・。

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2017仙台七夕祭りの日程と花火情報。駐車場、渋滞情報。

今年の七夕を楽しみそこねた(>_<) ! もっと今年の七夕を楽しみたい! 彼女とデートスポットを探している 家族とどこかに遊びに行きたい

七夕祭りの由来と歴史。日本三大七夕まつりって何??

夏と言えば、どんな行事を思い浮かべるでしょうか?日が長くなり外に出掛ける機会が増えるこの時期、迷っている人は浴衣を着て七夕祭りに行ってみましょう。素敵

東京の七夕祭りでデートにいくならここ!屋台があるのは?

年に1度、彦星と織姫が会えることが出来る夜…。そう、もうすぐ七夕ですね! 七夕が近づくとあちこちで七夕のお祭りが行われます。 なんとその数、全国で約8

一宮七夕祭り2017。時間、駐車場は?ディズニーに会えるの?

無料駐車場一宮七夕まつりの来場者数は何万人くらいでしょうか?正解は約130万人です!一宮の七夕祭りは、日本三大七夕まつりの一つとされる夏の大イベント♪

安城七夕まつり2017の日程とアクセス。駐車場は?交通規制は?

安城七夕まつりのの来場者数は何万人規模だと思いますか?正解は100万人規模です!! 首都圏でもないのにこんなにたくさんの人が訪れるイベントはとても珍し

2017湘南ひらつか七夕まつりの開始時間と駐車場。混雑回避情報も。

夏になるとあちこちでお祭りが開催されます。屋台に花火、浴衣を着て夏を満喫!お祭りは伝統的に続くものも多く、その歴史を知るともっともっと楽しむことができ