*

海での遊び。大人から子供、カップルまで。グッツ道具まとめも。


Sponsored Link

あなたは海にカップルでいったら何をしますか?

友達や家族と一緒に海に行ったら何をしますか?

既に幾つか予定を立てている人も他にもまだまだ楽しい海の遊び方がありますよ!

今回はそんな海遊びについて大人・子ども・カップル向けにそれぞれご紹介します!

その他には海遊びを一層楽しくするおすすめグッズもご紹介しますね^^

海での遊び方まとめ。大人編。

shells-792912_960_720

海についたらまずはビーチパラソルを立てて陣取りましょう!夏の日差しがサンサンと降り注ぐ夏の海で日差しを避ける避難場所を作りましょう♪

そして、サンオイルや日焼け止めを塗って強い日差しにどう立ち向かうか準備をしたら砂浜や海で遊びましょう!

スイカ割り

まず頭に浮かぶのがスイカ割り!定番の遊びですがとっても楽しい遊びの一つです。私はスイカ割りなんて。。。と思っていたのですが、いざやってみるとすごく楽しかったです!

用意するものは

  1. スイカ
  2. ブルーシート(スイカの下に敷きます)
  3. スイカを叩くための棒(バットを使ってもOK)
  4. アイマスク(タオルで代用OK)
  5. ゴミ袋
  6. ルールを簡単に説明すると

2つのチームに別れます。

ゲームをプレイするのはスイカを叩く人とその人を誘導する人の2人です。

スイカを叩く人はアイマスクをしてスイカから7〜10メートル離れたところで5回ほど回転してゲームを開始します。

誘導する人はスイカとパートナーの位置を見ながら進む方向や叩く場所などを指示します。

簡単そうに見えて実はすごく難しいんです。なかなか思い通りにいかないんですよね。指示を出してもらうパートナーとうまく意思疎通ができたりできないんです。。。(笑)

先攻後攻を決めて先にスイカを割ったチームが勝ちです。

スイカが割れた時にはみんなでおいしくスイカを食べます!もちろん負けたチームは食べられません。最終的にスイカが残ったら負けたチームの人にもスイカを食べさせてげましょう(笑)

スイカの皮などのごみは、所定の位置に捨てるか、ゴミ袋に入れてきちんと持ち帰りましょうね。

ビーチバレー

beach-1214717_960_720

オリンピックの競技にもなっている海でできる遊び(スポーツは)ビーチ・バレーです!!

【遊び方】

まずは砂浜に長方形を描いてコートを作ります。

ネットの代わりには審判を用意して、真ん中の線のところに立ってもらいます。

その人の目線の高さをネットの高さのラインにします。目線より下ならネットに引かかかったとカウントしてアウトにします。

3回以内に相手コート内にボールを撃ち返すこと、同じ人が2度続けてボールに触らない!(「ドリブル」は反則)くらいでいいです。

あんまり細かいルールがたくさんあっても大変ですからね。ポイント制にして勝ち負けをはっきりさせましょう!そのほうがゲームが盛り上がります。

負けたチームには罰ゲームが用意されているとよりやる気がアップしますね^^ 罰ゲームは砂に埋められたり、かき氷をごちそうさせたりといったところでしょうか。

ビーチフラッグ

昔はあまりなかったのですが、数年前からテレビで取り上げられ有名になった遊びです。

遊び方はシンプルで、ビーチに旗を立てます。(旗の代わりに棒でも大丈夫です。勢い良く取りに行くので危なくないものにしましょう。)

旗の数はその時レースに参加する人数より1本少ない数を用意します。この遊びで用意するのは人数分の旗だけ。まず人数より1本少ないフラッグを一直線上に等間隔で立てましょう。

レースに参加する人はそのラインから20m位離れた位置に並び、フラッグとは反対の方を向いてうつ伏せに寝転びます。合図で一斉にフラッグを奪い合います!!フラッグの方が1本少ないので、取れなかった1人が負け。

勝ったメンバーは2回戦に進みます。フラッグを1本減らしてプレイ続行です!

海での遊び方まとめ。子供編。

father-656734_960_720

あまり激しく体を動かしたくないという方や子供向けの遊びは砂のオブジェ作りがおすすめです!

用意するものはバケツ・霧吹き・スプレーのり、スコップ・しゃべる・スプーンなど、砂を掻いたり均したりできるものです。

 

遊び方は簡単です♪

まずはバケツに「海水と砂」を入れセメント状にします。よく混ぜて作りたいもののの大きさより少し大きい山を作ります。

山を作る過程で空気が入らないようにペタペタ叩いて均しましょう。大きな山ができたら次は少し乾かします。

こうすることで山の水分が抜けて砂と砂が強く結びつきます。砂が固まってきたらあとは彫刻をするように砂山を削って行くだけです。sand-sculpture-672587_960_720

後はスコップやスプーンで削っていけばいいだけです。砂が乾きすぎるとボロボロと崩れ始めます。適度に霧吹きで表面を潤しましょう。どうしても崩れてしまうところはスプレー糊で固めて、

応急処置をします。崩れてしまったところは濡れた砂を貼り付けて半乾きになるまで待って再試行を繰り返すことで素敵な砂のアートが出来上がります。

Sponsored Link

海での遊び方まとめ。カップル編。

ronald-van-der-meulen-1232505_960_720

ビーチでは砂浜の花火の遊びを!

夏と言ったら定番は花火ですよね。ビーチで楽しむ花火もとてもロマンチックで楽しいです!

二人の思い出作りには最適の遊びです!花火は幻想的でとても心が踊ります。また、時間が立った時にこの時のことを思い出すあの時遊びに行ってよかったな。と思える瞬間がありますよ!

いろどり花火セット福箱詰め合わせ
価格:3000円(税込、送料無料)

 

花火で遊んだ後はきちんと後片付けも忘れないようにしましょう!みんなの綺麗な海の環境美化にご協力ください^^

海であれば楽しいグッツ、道具まとめ。

busan-1113822_960_720

夏の海を120%楽しむためのおすすめグッズをご消化します!

まずは先程もご紹介したビーチ・フラッグ2人以上から遊べてとても盛り上がります。足の速さに差がある時はちょうどよくなる距離を調整しましょう。

ゴーグルを用意していると海でもスイスイ泳げます。潜水用のメガネを用意しておけば海でしか見れない水の中の景色尾を見ることができます。

まとめ

woman-927935_960_720

いかがでしたか?これで海で楽しめそうですね。今回ご紹介した海でできる遊びを再度掲載してくるのでどれにしようか迷っている方は参考にしてみて下さいね。

  1. スイカ割り
  2. ビーチバレー
  3. ビーチフラッグ
  4. 砂のお城
  5. 花火

夏に海といえば紫外線が気になりますよね。その際に日焼け止めクリームの選び方が書いててあるので、ぜひぜひこちらも参考にしてみてください。

紫外線が髪や頭皮に与える影響。 UVケア、対策、予防策は?

素敵な海の思い出作りを!

Sponsored Link



, , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

キャンプの女の子の服装と持ち物。春夏秋冬共通のポイントは?

キャンプに誘われたけれど、「初めて行くキャンプ。服装は?持ち物はどうしたらいいの!?」と困っているあなた。

キャンプマットオススメ比較。コンパクト、エアマットまとめ。

キャンプの際に忘れてはいけないのがキャンプマット!キャンプマットて何?という方もいると思うので、今回はキャンプマットの選び方やオススメキャンプマットを

キャンプのテントオシャレで人気のオススメは?選び方は?

この季節になるとレジャーでキャンプに出かけに行きたくなりますよね!そんな時に必要なアイテムの一つが「キャンプ用のテント」!

キャンプタープ。選び方と張り方は?おしゃれなオススメは?

キャンプの用具を買う時にテントの次に高額な買い物になるキャンプタープ。お値段がお値段な分、慎重に選びたいですよね(>_<)

キャンプの料理。初心者でも簡単に作れるオススメメニューは?

アウトドアの定番の料理といえば ” BBQ ” じゃないですか?でも定番すぎてつまらない!もっと他にも簡単にできるアウトドアのメニューってないのかな?

スイカ割りゲームの歴史と遊び方のルール。棒の代用は何?

夏!海!ときたらあなたなら次は何が来ますか?