*

松下幸之助の名言、格言集。人生、経営観が変わる言葉。その1。

   


Sponsored Link

松下幸之助は、松下電器を一代で築き上げ、「経営の神様」とも言われた日本の偉人です。現代でも松下幸之助の考え方や格言・名言を示した書籍は人気を集め、経営者や、成功を志す人々の愛読書となっていますね。

この記事では、そんな松下幸之助が残した名言、格言の中から、人生や経営観が変わるものを厳選してお伝えします。全3篇に渡ってご紹介しますので、他の記事もぜひ確認してみてくださいね。

経営者の皆さんはもちろん、仕事に打ち込み、悩む全ての方必見の内容です。→「経営者の名言、格言まとめ。仕事で人生で本質の得た考え集。

松下幸之助の名言、格言集。人生、経営観が変わる言葉激選!

まずは、松下幸之助が残した名言・格言から、人生観が変わるもの、生き方の指針になるものをまとめてご紹介します。背筋が伸びて、前向きになれる言葉ばかりです。

学ぶ心さえあれば、万物すべてこれ我が師である。

松下幸之助の謙虚さが伺える言葉です。謙虚さの中にも貪欲な姿勢も見えますね。そんな姿勢が大切なのかもしれません。

志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。

人生を濃く生きるために、生涯を通して志を持つことが大切なのでしょう。

楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある。

考え方は人それぞれ。その人の考え方によって、その人らしい道が開けるのですね。自分らしく生きていきたいものです!

どんな賢人でも、その人ひとりの知恵には限りがあって、だから自分の知恵、才覚だけで事を運べば、考えがかたくなになる。視野が狭くなる。

人の意見に耳を傾けることを大切にしてきた、松下幸之助ならではの言葉です。どんな立場になっても、人の意見も大切にしていきたいものですね。

時には常識や知識から開放され、思いつきというものを大切にしてみてはどうだろうか。

アイディアを生むためには、あらゆる手段で発想をひねり出すことが大切なようです。

何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない。

良いアイディアを出すためには、熱意もとても重要なことなのですね!

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。

自分らしく生きていくためには、如何なる場合も自分との戦いとなるわけなのです。

師をそのまま模倣するだけでは師以上にはなれないけれど、その考えをよく吸収消化して自ら励んでいけば、師以上の人物になれるかもしれませんね。

真似事から抜け出すためには、得たことを自分なりに吸収・消化すること。学ぶ際に心得ておきたい姿勢です。

いくつになってもわからないものが人生というものである。わからない人生を、わかったようなつもりで歩むほど危険なことはない。

年齢を重ねると、陥りがちですが、いつでも謙虚に慎重に生きたいものですね。

冷静ほど、大事なことはないのである。

冷静さを失っていないか。いつも自分を問いただしながら過ごしていきたいですね!

「天は二物を与えず」と言うが、逆に「なるほど、天は二物を与えないが、しかし一物は与えてくれる」ということが言えると思う。その与えられた一つのものを、大事にして育て上げることである。

批判的に見える言葉も、前向きに捉える発想が素晴らしいです。こんな発想ができる人物になりたいものですね。

せっかくの99パーセントの貴重な成果も、残りの1パーセントの止(どど)めがしっかりと刺されていなかったら、それは初めからなきに等しい。

多くの場合、99%の成果があれば油断をしてしまうものですが、最後まで気を引締めて物事をなし得たいですね。

人の言に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困にするようなものである。

人の意見に耳を傾けること。その大切さがわかる言葉です。

たとえ平凡で小さなことでも、それを自分なりに深く噛みしめ味わえば大きな体験に匹敵します。

全てを師と思う貪欲な姿勢と、謙虚に吸収・消化する気持ち。そんなことの連続から松下幸之助が多くのことを得ていたことがわかりますね。

自分は自分である。何億の人間がいても自分は自分である。そこに自分の自信があり、誇りがある。

自分が存在することを誇りとおもうこと。とても自信に溢れた素晴らしい発想だと思います。

 

Sponsored Link

 

昨日の考えは、今日は一新されていなければならないし、今日のやり方は、明日にはもう一変していなければならない。

常に新しいことを考え、改良していくこと。現状に満足しない謙虚さが伺える言葉ですね。

自らも楽しみ人々にも喜びを与える。大切な人生をこうした心構えで送りたい。

サービス精神が旺盛で、明るい人柄がわかる言葉ですね。前向きになれる名言です。

人は、あるところでは卑劣に行動しながら、別のところで高徳に振る舞うことは、できないのである。その些細な心の緩みやごまかしが、全体を蝕んでいくのである。人は騙せても自分自身は騙せない。

やはり、全うに生きることが大切なのですね。心が律せられますね。

青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気にみちて、日に新たな活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである。

青春だな~なんて、若い男女を見て思いますが、青春だな~と周りに思われるような人物でありたいものです。

素直な心とは、何物にもとらわれることなく物事の真実を見る心。だから素直な心になれば、物事の実相に従って、何が正しいか、何をなすべきかということを、正しく把握できるようになる。つまり素直な心は、人を強く正しく聡明にしてくれるのである。

教育をしていると、素直さって何だろう?と思うことも多いのですが、本質に気づかされました。自分も、子どもたちにも、素直な心を養っていきたいものです。

競争も必要、対立することもあっていい。だが敵をも愛する豊かな心を持ちたい。

この包容力が、松下幸之助を経営の神様に成しえたのですね。

私のこれまでの人生というものは、さまざまなことを教えてくれた多くの人々の「一言」によって支えられ、成り立っていると言っても過言ではありません。

松下幸之助の謙虚さがわかる言葉ですね。自分を支えてくれた人に、常に感謝の気持ちを持ちたいものです。

対立大いに結構。正反対大いに結構。これも一つの自然の理ではないか。対立あればこその深みである。妙味である。だから、排することに心を労するよりも、これをいかに受け入れ、これといかに調和するかに、心を労したい。

自分の反対勢力に対しても、受け入れようと思う包容力。そのトゲのない心の持ちに、こちらの気持ちも優しくなってしまいますね。

人の長所が多く目につく人は、幸せである。

人の長所に目がいけば、確かに良い気持ちで過ごせて、それは自身の幸せに繋がりますね。澄んだ心をもちたいものです。

世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。

そんなやりがいあることを見つけたいですね!

他人はすべて自分よりもアカンと思うよりも、他人は自分よりエライのだ、自分にないものをもっているのだ、と思うほうが結局はトクである。

偉くなっていくと、人を見下す気持ちがどうしても出てきがちですが、謙虚にい続けることで学び取れることは多いはずです。そんな貪欲な姿勢がわかる言葉ですね!

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく。

素直に、すぐに「ありがとう」と言える環境を作っていきたいですね。

私が今日の大を成したのは、それはあらかた運ですね。一日一日を努力して生きてきただけのことです。強いて言えば、積み重ねがすべてです。人間万事、世の中すべては天の摂理で決まるのが90%、人間が成し得るのはたかだか10%ぐらいだと思っています。

成る様になる といった緩い考え方を前提に、その中で出来る限り一生懸命生きていくこと。自然に身を任せているようで、流れを作っているようにも思えます。謙虚で緩いように思えて、パワーみなぎる名言ですね!

私は小さい頃貧しかったので、最初は腹一杯食べたい夢でした。丁稚奉公にいってからは、貯金して早く店を持ちたいと思いました。商売をはじめても、大きな会社など望みませんでした。一段上の夢を着実にこなしていっただけです。

目の前にあることを、ただ一生懸命にこなしてきたことがわかりますね。

松下幸之助の名言は、とても多く残っているのですが、多くを残してくれたことは後に生きる我々に対する優しさにも思えます。謙虚で力強い松下幸之助の名言、格言から生きる指針を見出していきたいものですね。

Sponsored Link



, , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スティーブジョブズの名言、格言。人生が変わる言葉。その1。

スティーブジョブズはアップルの創業者の一人で名前を知っている人は多いですよね。疎い私でも、アップルの創業者の方だと分かります。

経営者の名言、格言まとめ。仕事で人生で本質の得た考え集。

一流企業の経営者は、偉人や成功者として歴史に名前を残していますよね。そんな経営者の方々は、仕事においても人生においても人々の心に残ることばや考え方の指

カーネギーの名言、格言集。経営や人生観が変わる言葉。その3

若いころからいろいろな苦労しながらも、自分を成功へと導いて有名になったと言われているカーネギー。カーネギーはビジネスに関する事やスピーチなどのスキルに

ドラッカーの名言集。時間と経営者、リーダーの観点でまとめ。

ドラッカーさんはアメリカの経営科学者でマネジメント研究の第一人者でした。未来学者とも呼ばれていて現在の経営にも重要な言葉を沢山残してくれました。

本田宗一郎の名言、格言集。人生、経営観が変わる言葉。その3。

本田宗一郎さんは経営者としてとても凄い方で、自動車会社を一台で築き上げたようです^^)しかも、社員想いでとても優しい方なんだとか^^

松下幸之助の名言、格言集。人生、経営観が変わる言葉。その2。

松下幸之助は、松下電器を一代で築き上げ、「経営の神様」とも言われた日本の偉人です。現代でも松下幸之助の考え方や格言・名言を示した書籍は人気を集め、経営

ドラッカーの名言格言。英語版。日本語訳とセットで激選。

友達が今、アカウンティングとエコノミックスをダブルメジャーしていて、大変らしいです。うちの大学はビジネスとエンジニアリングが有名なんですが、その中でも

ひろゆきの名言、格言集。人生、経営観が変わる言葉。その2。

2ちゃんねる創設者で未来検索ブラジルの取締役でもあり、タレントしても活躍しているひろゆきさん。

ドラッカーの名言、格言集。経営や人生の言葉激選。その1。

マネジメントの父と言われるピーター・ドラッカーさん。アメリカの経営者でマネジメントの研究の第一人者でもあります。

堀江貴文の名言、格言集。人生、経営観が変わる言葉。その3。

株式会社ライブドアの取締役CEOとして活躍していたが、逮捕されたことによって一度はどん底に落ちて、今は本を出版したりロケットエンジンを開発したりなど様