転職にする前に考えなくてはいけません

転職にする前に考えなくてはいけません

転職活動をいかに有利に進めるか

まず、なぜ辞めるのかを自問自答してみましょう。給料が安い、拘束時間が長い、人間関係がまずい、仕事の成績がふるわないなど自分の辞めたい理由を明確にし、それは転職でないと解決しないのか考えます。そして転職するとなれば、次は転職先を考えます。給料が安いならばもっと高い所へ、仕事の成績がふるわないなら、自分の得意な分野への転職を考えることとなります。次に転職時期と転職資金のことを考えます。例えば不況時ならなるべく在職中に転職先を決めてからがよいでしょうし、公務員を受けるなら受験時期あるいは、受験予備校の開始時期に合わせて辞める必要がでてくるでしょう。辞表提出後退職までの拘束期間はどれ位かも考えておく必要があります。また、公務員受験やスキルアップの為に資格を取るなどの場合は転職資金が重要です。失業手当はいくらで何か月もらえるのか、資格取得の為の費用はいくらか、退職金やボーナスはもらえるのか、親と同居か独り暮らしかなどを考えあわせた上で転職時期を決定します。

以上のような転職準備をした上で転職活動に入っていくのです。その時は転職媒体を在職中から準備しておきます。具体的にはハローワークへの登録(職探しだけなら在職中でも可能です。)であるとか、各人材紹介会社への登録、口をきいてくれそうな先輩への相談、資格学校の選定などです。これだけやっても実際に転職するにはかなりの労力を費やします。しっかり準備を整え、あとであの時転職して良かったと思えればいいですね。

Copyright (C)2019転職にする前に考えなくてはいけません.All rights reserved.