転職にする前に考えなくてはいけません

転職にする前に考えなくてはいけません

転職しても年金は持ち運べる

転職したら社会保険制度はどうなるのだろう?と不安になるかもしれません。転職先が会社が健康保険の適用事業所であればほとんど心配することはないでしょう。一定の業種を除き、社員数が極端に少なくなければ健康保険の適用対象の会社のはずです。転職後すぐに手続きをしてくれて健康保険証をくれるでしょう。もちろん、保険証をもらう前に病院へ行って全額負担している場合は、あとで手続きをすることで3割負担などの自己負担分を超える部分を返してもらえます。

次に心配になるのは年金です。年金には公的年金と企業年金がありますが、公的年金の方は健康保険証を渡してもらえたら大丈夫でしょう。会社の手続きとしては厚生年金と健康保険はセットで手続きをするからです。心配であれば次回の年金定期便などで、自分の被保険者期間がしっかり転職先の会社として始まっているかを確認すればいいでしょう。

企業年金については手続きが必要でしょう。転職先の会社がどういった制度を採ってるかによって違いが出てきます。前の会社が確定拠出年金以外の制度をやっていた場合で、転職先も何等かの企業年金をやっているのであれば、前の会社の積立金分を一定の手続きで移管し継続していくことができます。前の会社が確定拠出年金だった分は、転職先もやっていればそのまま移管できます。転職先が企業年金ありで確定拠出ではない場合は一定手続きのもと、自分で運用だけする(拠出はできない)という立場になるでしょう。

Copyright (C)2019転職にする前に考えなくてはいけません.All rights reserved.