転職にする前に考えなくてはいけません

転職にする前に考えなくてはいけません

IT業界への転職と需要

転職は終身雇用全盛期でもかなり行われていました。その一番の理由は、新たな職場を知ることで、自分の可能性を広げたい、というものでした。近年では非正規社員の方が増えてきたので、正規社員の方は転職し難い環境にあるとも言えますが、可能性を広げるチャンスであることに、違いはないと思います。そこで近年特に勢いがある、IT業界への転職について調べてみることにしました。求人側の需要としては、サーバー(セキュリティ)構築部門や、オープン(Web)系の開発部門での需要が多く、転職も盛んに行われています。募集年齢としては、やはり20代後半から30代の需要が圧倒的に高くなっています。サーバー構築部門というのは、公開Webサイト用のコンピュータ環境を構築するもので、開発環境やセキュリティ対策の基本となる設定が主で、特にLinuxによる構築は設定が多岐に渡るため、人材が不足しているとも言えます。

オープン(Web)系の開発部門というのは、Webサイトで動くプログラムの設計・製造を行うもので、言語としてはJavaや、Ruby、Pup、Perlなどになります。職種としては、当然開発の軸となるSEの募集が多いですが、プロジェクト管理のできる人が少ないため、新しい仕事が発生してもプロジェクトを立ち上げることができないことも多く、マネジャーやリーダー経験者への需要も高いと言えます。この場合は経験年数から見ても40代が中心になるようです。IT業界での仕事は、他にも汎用系や制御系、オープン(非Web)系といわれる、インターネットで公開しない環境での仕事もありますが、どちらかと言うと需要としては少ないようです。転職時の参考になれば幸いです。

オススメのサイト

  • 葬儀(大正)会場のご相談は日本葬送儀礼協会まで。
  • 堺の葬儀はご遠慮なくお問い合わせください。

Copyright (C)2019転職にする前に考えなくてはいけません.All rights reserved.